統一戦線義勇軍
統一戦線義勇軍 議長 針谷大輔のブログ

<< 2007/08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

八、五広島長崎の原爆投下に抗議する反米デモ!

070805_1612~01.JPG→午後四時、熱気ある集会の為、デモ予定が大幅に遅れる中、ヴェルグ横須賀前より出発。
いつものヴェルニー公園からのコースとは、全く逆のデモコース。
横須賀中央駅前から駅前大通りを抜け、米軍基地前を通り、流れ解散するコースだ。
それにしても、ここの所活発に動いている為か、機動隊、そして事件班の数がスゴく多い。山口同志の事件の後だけあって、神奈川県警までも、我々に対する力の入れようが大分違うようである。
気温32度を超える猛暑の中、自然の恵み、天然の扇風機然りとした浜風の応援を受け、鈴木信行同志のアジ演説を先頭に、力強きシュプレヒコールを携え、我がデモ隊は軍都横須賀の街を闊歩した。
大悲会の志村、千葉同志は完全なる「ヤル気モード」安全靴で身を固め(昔から我々の仲間は、安全靴を履いて来た時は機動隊と一戦交えて来た)ていたが、集会の最後に私が「本日はどれだけ挑発されようが、絶対に逮捕者は出してはいけない運動。もしその気があるなら、山口君の後に続いて頂きたい」と、釘をさす形になってしまったから、少し欲求不満にさせてしまったかも知れない(お詫び)さてデモ隊が米軍ゲート前に差し掛かり、いつもの如く停止してシュプレヒコールを連呼する!「占領軍である米軍は、ただちにこの横須賀から出て行け!」「アメリカによる大量虐殺、広島長崎の原爆投下を我々は忘れないぞ!」「ヤンキー、ゴーホーム」等など、我々の訴えは長き間続く!
ふと我がデモ隊のI君が信号を指す「?」と思いきや、なんと国道16号という主要幹線にも関わらず、警備当局は信号をいじくっているではないか!?
我々の進行方向は何時までも青、道路の反対側で並ぶ機動隊の左腕には「捜査」の文字。070805_1620~01.JPG
いつものように、ゲートに突入すれば、一網打尽にする予定なのであろう(良かった訓示をしておいて)
戦略的に動いている我がデモ隊、そんな罠には嵌まる訳なく、過剰警備もなんのその、無事運動を貫徹!当初の目標を達成したので有った。
今回の集会において了承された、8.5広島長崎の原爆投下を考える、反米集会名の非難声明。
参加された同志による使用は自由、どうかどんどん使って頂きたい。
我々が求めるものは、組織の名声、面子などではなく、米国大統領の謝罪である!
我が軍は、謝罪を勝ち取る為の受け皿的媒体になれればそれでいい。
一瞬にして消滅させられた、広島長崎の同胞達の無念だけを、晴らしたいのである!!
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

八、五広島長崎の原爆投下を考える、反米集会

070805_1614~01.JPG昨日五日、神奈川県横須賀市ヴェルグ横須賀に於いて「8、5広島長崎の原爆投下を考える、反米政治集会」を開催した。
いつもの横須賀ヴルニー公園に於ける、屋外集会とは違い、池子米軍住宅建設反対闘争を思い出させる(当時はよく逗子海岸にある、逗子会館を借りて屋内で集会をやったものである)久々の屋内集会。
まあエアコンの効いた環境で集会をやるからには、政治集会と名打ってやれという事で、2時間に及ぶ集会となった。昨日のあの暑さ、流石に屋外ではああは行かなかったであろう。目論見は的中、公安警察の目を気にせずに、本当に良き集会が出来たものである。
国民儀礼で始まり、連帯のアピール、そして政治集会という事で、私が頼んでやって頂いた。一水会木村代表の基調講演(かな)、これがまたまたバッチリ的中、非常にいい話を聞く事が出来た(あの辛口な我が軍の米倉同志も「良かったね」と言っていた程)。
その後主催者挨拶、米国下院本会議の不当決議に対する非難声明を採択し、8、5広島長崎の原爆投下に抗議する、反米デモと、名称を変更して総勢30余名のデモ隊は出発→続く
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (1) : -
最終更新
コメント
カテゴリー
まとめ
プロフィール
統一戦線義勇軍 機関紙
  • 緑旗
    (統一戦線義勇軍 中央委員会通信)
  • 義勇軍報
    (統一戦線義勇軍 中央機関紙)