統一戦線義勇軍
統一戦線義勇軍 議長 針谷大輔のブログ

<< 2008/11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

また宣伝をしていない。

またまたやる気の無さから、事務連絡に何も手を付けていない。
坪内さんに「今度はちゃんと宣伝して置きます」と言った筈なのに、前回以上に何もしていない。
そんなだらしなさなのだが、お時間の有るお方、どうか次回男たちの国防論vol12を、観に来てやって下さい。
12月2日(火)午後7時〜
阿佐ヶ谷ロフトAにて開催
※入場料1000円(飲食代別)

針谷大輔が斬る!!
男たちの国防論Vol.12

「大東亜戦争の意義を検証する!」
−今こそ真実を知る時が来た−

19世紀、我が国を取り巻くアジア各国の地には、なぜか白人が居た。それも支配者として!
現在では歴然とした独立国のインドも、ASEAN諸国も、そしてあの中国(清)までもが、それらの支配を甘んじていた!植民地として!

【ゲスト】
田中健之(アジアナショナリズム研究家)
坪内隆彦(『月刊日本』編集委員)
鈴木信行(維新政党新風幹事長)


阿佐ヶ谷ロフトA
東京都杉並区阿佐谷南1−36−16ーB1
JR中央線阿佐谷駅パールセンター街徒歩2分
電話:03-5929-3445
FAX:03-5929-3446

【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

眠さなどどこへやら

KC380070001002.JPG
昨日の定例街宣だが、このブログに「本日は一人だろう」と書いたのを見て、急遽K君が駆け付けてくれて手伝ってくれた。ありがたい限り。
さて話した内容だが、丁度発売された坪内隆彦さんの「アジア英雄伝」を手に持ちながら、
KC380070001003.JPG
『日本人としての誇りなんてあるの?とか、我々日本人て一体何なんだ?とか、アイデンティティーを最近考えている人が沢山いるように思うんですがどうですか?どうかその方達は、日本の素晴らしさを……』(やはり文にするのは時間がかかって面倒だ)みたいな感じで、睡魔にも負けず、一足も大分止めたなかなか魄のある訴えが出来たように思う。
一人でも、私の話を聞いて「そうだ、俺も国を守る為に、何かやろう」と、思ってくれる方が居れば、嬉しい限りだ。
※また街宣後2〜3人の方が「その本買って読んでみます」と、声を掛けてくれた。藤本社長、ちゃんと販促に協力してますよ。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

眠さとの闘い

体調は相変わらずいまいち、寝てしまったら『起きれないかも知れない』と思い、一睡もせずに新宿にやって来た。
これから、定例とは名ばかりになってしまっている、新宿での定例街宣。
誰にも声を掛けていないので、今日は私一人であろう。
初心にかえって、心血注いで自らの役目をこなしたいと思う。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

必読!新刊本のご案内。

TS3B0374052.JPG
アジア英雄伝。
本を読まないので有名な私も、珍しくこの本に関しては、ページを捲っている。
著者は、男たちの国防論でもお世話になっている、坪内隆彦氏。
TS3B0375052.JPG
発行元が、藤本社長の展転社と来ている。
エッ、藤本さんと、古くからの私の仲間達は、藤本社長=お酒と、感じてしまう(げんに、池子闘争を闘って来た古い同志は、、、、)が、このインパクトの有る表紙『藤本社長が考えたらしいよ』と教えてやると、何か売れそうな本じゃんか。と何故か変な返答が返って来る。そう、表紙だけでなく内容も、スゴく売れ筋な本と言えよう。我々日本は何をして来たのか?我々日本人に誇れるものは有るのか?
という疑問に、植民地化されたアジア諸国の愛国者、各国の独立の父、英雄を照らして、私達にそのタブー化されねじ曲げられた琴線の先を、見せてくれるのである。
現在我々日本人が求めている「善」や「誇(矜)」というものを、この本を読み進めて行く内に、取り戻す事が出来る事であろう。
なぜ私が、フリチベの人達に道理を説いたか、この本が代わりに答えてくれるはずだ。
どうか皆さん、「アジア英雄伝」(坪内隆彦著、展転社刊)を読んで、占領軍によるマインドコントロールにより、消し去られた我々日本人の誇を取り戻そうではないですか!
そして12月2日火曜日、阿佐ヶ谷ロフトaにて、共にそれを確認し話し合おうではないか。
とにかく一読、本日より全国書店で絶賛発売中です。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

村田文吾君の近況

ブログをサボっていて、書いて置きたい事も書かずに来てしまっている。
野村秋介先生の話や、鈴木田元陸士長の近況。それに田母神前空幕長発言を始めとした時事的な事など、書いて置きたい事が山ほどある。
体調もいまいちな事から、無理せず机に向かう事を中心に、またエンジンを噴かして行こうかと考えてもいる、今日この頃である。
ではこの近日の流れから、書く事にしよう。
先週14日金曜日、村田文吾同志の面会に行って来た。今月6日に公務執行妨害罪により、懲役1年の判決が下った文吾君だが、控訴はせずに、そのまま赤落ち(刑に服す)するとの事。活動に対する想いは、以前にも増して大きいようで『議長、大変なのは分かります。緑旗を出して下さい。私に原稿を書かせて下さい』と、強く訴えられてしまった次第。私も反省しきりであり、現在一番負い目を感じている部分である。頭が痛いとか言ってられないなぁー。となって、先頭の書き出しとなった訳だ。
文吾の様子だが、拘置所で菓子類を食べ過ぎたからか、以前にも増してウエイトはUP。顔はまるで、マンボーのように膨れていた。まあ結構参っているようでは有ったが、それなりに元気にはしているようで有った。
これから、2年近く与えられた勉強の場。もっともっと知識を吸収すると共に、人間的にも修練して、一回りも二回りも大きくなって戻って来て貰いたいものである。彼が一日も早く、我が戦線に復帰する事を、心より願うものである。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (1) : -

定例街宣の予定

今週15日土曜日の街宣は中止にします。
年内は来週22日土曜日から、隔週で定例街宣を実施する予定です。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

生憎の雨

今日は街宣実施予定で有ったが、生憎の雨により中止にする事にしました。
車に器材を載せて、1時間半から2時間掛かる道程。到着して土砂降りでは、夜勤明けで一睡もしていない身には辛い限り。体調が良い時なら、無理して向かう所ですが、本日は同志の参加予定も無い事から、流す事にします。
やはりまた、「街宣車を作らなければいけないな」と、ついつい考えてしまう今日この頃。
今日はこれから睡眠を取り、夜にまたこのブログでも書きたいものです。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (1) : -

村田文吾君の近況について

過去のトラウマから、酒に酔い警察官の公務を妨害して逮捕され、現在拘束されている村田文吾君だが、前回の公務執行妨害で検挙されてから三ヶ月余りしか経過していない事から、やはり執行の猶予は認められず、昨日東京地裁において、懲役一年の実刑判決を受けました。
前回の執行猶予判決と通算すると、これから2年間、彼はこんなくだらない事により、刑務所暮らしを送る事になります。
本人が仕出かしてしまった事とはいえ、本当に勿体無い事だと、つくづく思う次第です。
一本の火炎瓶を投げ、実刑判決を受けるならば、活動家として覚悟を決め「肉体言語」を行った事になり、胸を張って獄に落ちる事が出来るのでしょうが、彼の場合は、本当に、胸を張るどころか、活動家として「失格」の烙印が捺されてもおかしくない事犯。心から反省して、せめて勉学、精神修養に励み、一回り大きくなって帰って来て貰いたいものだと思います。
活動に対する姿勢は、非常に強く、また学歴も大学院まで出た、民族派としては、異質な存在。その折角の高学歴が活かせるように、二年間、本当に精神を鍛えて来て欲しいものです。
それにしても、火炎瓶を投げて実刑になっても一年半余りだというのに、二年とは、本当に勿体無い、、、
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (2) : -
最終更新
コメント
カテゴリー
まとめ
プロフィール
統一戦線義勇軍 機関紙
  • 緑旗
    (統一戦線義勇軍 中央委員会通信)
  • 義勇軍報
    (統一戦線義勇軍 中央機関紙)