統一戦線義勇軍
統一戦線義勇軍 議長 針谷大輔のブログ

<< 2007/06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

多摩御陵清掃奉仕

070628_奉仕針谷.JPG昨日は仕事明けの最悪なコンディションの中であったにもかかわらず、武蔵野の御陵の森に囲まれ、非常に清々しい気分に浸る事が出来た。
同志山口君同様、清掃が苦手な私であるが、清らかな風の支援も得、若い人達と共に、しっかりと御奉仕が出来たと思う。
先帝陛下が眠る武蔵陵墓の赤松と、大正帝が眠る多摩陵墓の赤松の成長の違いを見た時、なぜか大正の人心に触れるような想いを感じた。
元々御位に隔たりはなく、我が国の国体を今上帝が顕現され、連綿として受け継がれる事が大切であると考える私である。
「昭和天皇は…」「大正天皇は…」などという、気持ちの問題は相手にしていない。
125代に渡る我が国体の連綿とした繋がりが大切であり、先帝陛下だけを特別に見る視点は、活動家としての私には無い訳である(勿論、私個人としての想いは強いが)
そのような考えの中、特に1月7日も御陵に赴く事が無かった私だが、今回の奉仕活動に参加出来た事は、非常に有意義であった。
奉仕活動終了後の、一水会の若い人達との懇親会も、非常に楽しいものであったし、このような御陵(みささぎ)の奉仕活動、孝明帝や光格帝などと広げて行けたらと思う。
最後に「御奉仕活動に参加した人は和歌を読まなければいけない」といわれ『聞いてないよ〜』という気持ちの中で、私なりに歌った和歌?を、載せて置く事にする。(まともに和歌など読んだ事もなく、まして勉強すらしていない一番苦手な分野である。恥ずかしい限りであるが…)
御陵の森清らかな奉仕の日風の音に大正の心を思う
私の正直な気持ちであった。070629_.JPG
- : comments (0) : -

今日も徹夜同然

ここの所、一日置きに仮眠一時間程度で用事をこなしている。
タクシー運転手は「寝るのも仕事」とよく言われるが、私の場合は、その考えからすると、まるで超人的な生活をしているようである。
今朝も仲の良い仲間から「ぶっ倒れちゃうよ、ちゃんと休まなきゃ」等と心配されてしまったが、まあこれも私の選んだ道「仕方ないんだよねぇ」としか言い様がなかった。
20年以上もの間「仕事をしながら活動をする」を原則でやって来た私である。
この仕事をしながら活動をするという事、言うのは容易いが、やるのは容易ではない。
特に我が軍のように、飽くまでも行動に主を置く場合は尚更である。
活動に力を入れる→生活費が稼げない→支払が滞る→今度は仕事を優先→活動が停滞する。みたいなサイクルの繰り返しを何度もやって来た。
若い頃はそれこそ月の半分を寝ずに昼夜働き、残りの半分で活動みたいな事をやって来たものである。
活動を始めた時から、「人の世話にはならないぞ」とやって来た私である。
稼ぐ器量など持ち合わせていないのに、意地だけは天下一品。
人からカンパを貰うのを極力避けて(笑)来た変な性格。(金は出すが口は出さないでくれる本当に信頼出来る方なら別だが、そうで無い方からは頂けないという発想かな)
そんなだから、活動をすればするだけ、借金は膨らんで行く一方。
八王子に到着だ。
今日はこれから多摩御陵に清掃奉仕である。
続きは書く気があったら、書く事にしよう。
そうそう最後に一言、昔野村先生が御存命の頃「お前だけは、本当に金を取りにこねえなぁー」と怒られた事がある。その時程優越感に浸れた事は無い。
野村先生のような偉大な方に、私のような若輩者が、本末転倒な事を言って貰えるなんて、なんとも言えない気分になれたものである。
さて高尾到着。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

米国下院の慰安婦決議に怒りを覚える。

本日米国下院で、馬鹿げた決議が行なわれた。
何の歴史的検証もせず、ただ単に我が国に対する圧力乃至、よく人権派が行なう綺麗事的発想を根底においての、一方的な決議である。
自らの国が、人類史上最大かつ最悪な「原爆投下」という大虐殺をした事を平然と棚に上げ、よくもいけシャーシャーとそんな事が出来たものである。
なんら検証すらせず、またなおかつ自分たちの行為を平然と棚の上に上げて、こんな茶番が平然とした顔で出来るなど、やはり米国人は文化的でない『野蛮人』であると証明しているようなものではないか。
多少なり、文化、伝統、歴史というものをしっかりと背負っている国、民族ならば、こんな行為は恥かしくて出来ないであろう。
こんな野蛮な国家が、いま正にこの国際社会を牛耳っていると思うと、本当に吐き気が出る。
私は、アメリカという国は嫌いだが、決して米国人は嫌いではなかった。しかし、こんな決議を平然とアメリカ国民が支持するのなら、私はこの野蛮な国の国民を蔑んでみてしまう事であろう。
恥じをしらない人間ほど醜いものはない!
天皇陛下の軍隊であった我が「皇軍」が、そんな恥さらしになる従軍慰安婦なるものを、公然と皇軍主導でやる訳はないではないか!
そんな事は、日本研究をして来た彼の国の学者なら当たり前の如く分かる筈である。
結局のところ、アメリカという国には、イギリス人やフランス人の根底にある「プライド」というものは存在せず、なんら文化的なものの裏付けのない、単なる経済共同体国家なのであろう。
まあこんな、誇りも、名誉も、意地も存在しない国家は、近い将来内部崩壊して行くのだろうが、そんなものに、文化、伝統、歴史ある我が国が巻き込まれる訳にはいかない。
本日のバカな官房長官の如き発言、こんなエセ日本人に国を任せていたら、我が国までも、恥知らずな国に本当に成り下がってしまう事であろう。
天皇陛下の軍隊である、我が皇軍の名誉にかかわる事である。
我が国の文化、伝統、歴史を背負う政府ならば、毅然とした態度で、断固とした抗議をするべきなのである。
先人達が命をかけて守った我が国の国体、いまを生きる我々も、断固として守らなければいけないのだ。
たかが従軍慰安婦ではない、皇軍の名誉がかかっているのだ!
現政権には、毅然とした態度でのぞんで頂きたいものである。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

何をやっているんだか

緑旗6月号1ページ目、何やら校正後の原稿でなく、直す前の原稿を印刷に回してしまったらしい。
一行目の題名から間違えたまま。
その後ろでは「↓」が横向いてしまっているし、本当に自己嫌悪に陥る。
まあとにかく、ホームページ上ながら、題名を訂正させて置いて貰おう。
「国防論から考える政治のあり方を考える×」で、正しくは『国防論から考える、政治のあり方○』
それにしても、本当に事務方の能力が劣る自分には情けない。寝てないだ、疲れてるだは、どこまで行っても言い訳だ。
確かに慢性的な睡眠不足であるのは事実だが、やると決めたからには反省しかり。
ブログも怠け、緑旗の印刷ミスに気が付いたのは土曜日だというのに、知らせるのも今になってしまった。
そんな訳で勿論、後追いの印刷は終了していない=発送もまだしていない。
体がもう一つ、二つか、優秀な事務方が欲しいものである。
今日はこれから勉強会だ。
酒好きな方が多いからその後飲むのだろうが、明日仕事が早いから、今日はなんとか逃げ帰ろう。
楽しい酒だから、本当は付き合いたいんだけど…。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : - : -

街宣と機関誌

070622_1414~01.JPG昨日は結局、山口同志と共に渋谷で久々に街宣をした。
まあ私は先を急いでいたので、ほんの10分程度で山口君の応援程度であったが、彼はすっかり渋谷の街に溶け込んでいた。
彼が精一杯訴える姿を見て、女子高生が私の元にビラを取りに来たりと、相変わらず女の子から人気が有るようだ。
中央委員会通信『緑旗』もやっと昨日模索舎に納入できたし(発送は資金的な関係で来週頭になるか)7月20日のロフトプスワンでの『男たちの国防論vol4』のビラもやっと昨日仕上がった。まあ緑旗、ビラ共、土曜の定例街宣から机に並べる事ができることだろう。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

街宣案内

ただ今山口同志から連絡有り、本日渋谷で、午後5時半過ぎから、街宣をするとの事、実は月曜も実施したらしい。
私も緑旗の最終仕上げが済むようなら、参加する予定である。
それにしても今日も真夏のように暑い、睡眠時間1時間程だと、特に体がダルく感じる。
これから、湘南新宿ラインでの移動だが、寝ないようにしなくては、うっかり寝たら、寝過ごしてしまいそうだ。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

若い頃の自分たちを思い出す

6・17朝総連・韓大青年抗議行動.JPG私が活動を始めたばかりの20代前半の頃「運動は我々若い者が作るもの」位の勢いで、積極的に活動を展開していたものである。
新右翼の画期的活動と言われている「池子米軍住宅建設反対闘争」も、私が居なかったら存在しなかったと自負している。
池子闘争は、当時若く血気盛んであった私が、勝手に街宣や抗議活動をはじめたのを、当時議長をしていた現一水会代表の木村先輩が、しかりとした闘争形態を打ちたて政治的な肉付けをされたから、新右翼の活動として代表的な闘争ともくされるようになったのである。
そんな話を山口君や若い人達の前でする機会が何度かあり、彼らにも当時の私のように活発に活動して欲しく話しを聞かせた。
現代の若者は我々から見ると、所謂マニュアル人間ばかりである。
そんな若者たちの気質を知る私としては、同志山口にはマニュアル君には決してなって欲しくないと思っている。
そんな意味合いも込め、自分の若い頃の話しなどを聞かせているのだが、さすが山口同志!
さっそく『若き日の針谷議長』に負けてたまるかと、「自分も何かやりたい事を、自分として考えてみます??」と返答したかと思うと、数日後には「やはり拉致問題が一番頭に来ます。そんな中、手を貸した朝鮮総連が平然とまだ活動をしているのは何か腑に落ちない!」と、朝総連に抗議をしていいかと許可を求めてきた。
私は『この子は本当に真面目だ、さすが山口君』と、自然と顔が緩んでしまった。が、そこはやはり活動の先輩であり、議長である。
「そうだね、君がやりたいと思うならやりなさい。ただ、北鮮をやるだけじゃ片手落ちにならないかな?やはりやるなら韓国にも抗議しないとまずくないかね?」と意見をする。
すると直ぐに「そうですね、議長が言う通り、竹島を武力で占領している韓国にもやらないとおかしいです」と、抗議文を書き、そして先日の17日に、実際の抗議に『若き仲間たち』と共に矢継ぎ早で行動を起こした次第だ。
まあこの6,17朝総連,韓大青年抗議行動は、山口同志自ら活動報告を書くことになっているから、ここでは詳しく書かないが、我々の若い時のように、彼等が彼等の発想で、仲間と共に活動を構築し動く第一歩になってくれたのなら、非常に大きな成果だと思う。
何か私は、当時の鈴木邦男さんの気持ちになれたような気がしたのが、不思議であった。
今は思想的に「?」と思ってしまう鈴木さんだが、やはり『鈴木さんの偉大さは忘れることは出来ないな』と思わずにはいられなかった。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

やっと復旧した

昨日、ブログを書こうとしてビックリ!?
なぜかアクセス出来ない。
友人から「ブログ見れないけどどうしたの?」と言われ、確認の為にブログを見ようとするも「??」なにも表示されない。
サーバーの不具合かと思い復旧を待ってみるも、全然立ち上がって来ない。
Yさんに問い合わせてみると「あっ、済みません。お金振り込むの忘れてて」と、『ああ良かった、まさかサイバーテロかと思ったよ。理由がわかってひと安心』
と言う事で、やっといま復旧したので、ブログを書くことが出来ている。
さて書くことが何点か出来てしまったなあ。
まあ、若手の活動に関しては、明日の仕事の合間に書くとして、私ごとから。
本日やっと緑旗が仕上がった。とはいえ、Yさんとの時間の関係があり、印刷は明後日になってしまう。
今回は、いろいろバタバタしてしまって、本当に大変であった。
やはり苦手な事で時間に追われるのは、特に疲れる。
来月号からは、人は当てにせず自分の責任で、しかり時間の按配をしていこうと思う。
緑旗6月号は、今度の新宿定例街宣から机に置けると思う。
興味の有る方は、どうか購入して欲しいものである。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -
最終更新
コメント
カテゴリー
まとめ
プロフィール
統一戦線義勇軍 機関紙
  • 緑旗
    (統一戦線義勇軍 中央委員会通信)
  • 義勇軍報
    (統一戦線義勇軍 中央機関紙)