統一戦線義勇軍
統一戦線義勇軍 議長 針谷大輔のブログ

<< 少し早いが書いておく、平和ボケしてる場合じゃないぞ日本人 : main : 兵器におけるパラダイム転換がおきている。 >>

少し早いが書いておく、平和ボケしてる場合じゃないぞ日本人

さて本題に早く入らないといけない。
とはいえもう一つ
2月に入ってある民族派の大先輩と意見交換をした。
自分が「ロシアのウクライナ侵攻、北京冬季オリンピック中に起きてくれた方が、我が国はまだ救われます。プーチンが習金平に気を使いロシアにとって天然ガスという戦略物資の効果がある冬を敢えて先送りし、その効果が薄れた後に侵攻を開始するようだと、中露の同盟が堅いものになっている証明、北京オリパラ後のアジアがまずいです」と話した。
大先輩はピンと来て居なかったようだが、いまならその言をよく分かって下さっている事だろう。
さて本題に入る。
今回のロシアのウクライナ侵攻は、単なる地域的なものに終わらない。
第二次世界大戦後の世界秩序を根底から覆すパラダイム転換となるだろう。
我が国にとってはこのままでは、確実にロシアも敵となる!
自衛隊の配備、なぜ北海道の部隊を削減し南西諸島方面に振り分ける事が出来たのか、ロシアプーチンの日本への見えない配慮というかメッセージが確信と行かないまでもあったからであろう。
しかし今回のウクライナ侵攻でまるっり正反対に変わる事になる!
中露の間に密約が存在すると考える。
ウクライナ侵攻で中国がロシアをしっかりとサポートしたならば、ロシアは間違いなく今度は中国をサポートする為に、北方領土の強固な基地化を推し進めるだろう。
多分ミサイル、それも弾道ミサイルの配備をぶち上げるだろう。中距離ミサイルの配備は間違いなくすると思う。
我が祖国日本は翻弄される事になる。
プーチンからの多くのメッセージを無視して来たツケは、大きいといえよう。
いまならまだ間に合う可能性は多少なり残されている。米国従属外交から脱却し、自主外交を展開するべきだ。
米国に日米地位協定の改定交渉を願いでろ。
プーチンに対するメッセージとなる事は間違いない!
意見、考え : comments (0) : -

Comments

Comment Form

  
最終更新
コメント
カテゴリー
まとめ
プロフィール
統一戦線義勇軍 機関紙
  • 緑旗
    (統一戦線義勇軍 中央委員会通信)
  • 義勇軍報
    (統一戦線義勇軍 中央機関紙)