統一戦線義勇軍
統一戦線義勇軍 議長 針谷大輔のブログ

<< 2007/11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

お知らせ

12月8日の大東亜戦争開戦記念日を迎えるにあたり、本年は8日当日、及び翌9日の二日間に渡り「反米愛国、対米自立」行動を展開する。

一、12、8大東亜戦争開戦記念対米統一行動。
一水会?義勇軍による合同街宣抗議行動実施。

二、12、9大東亜戦争開戦を記念する反米集会、デモ。
日時:12月9日(日)
集会:13時半〜
デモ:14時半より
場所:横須賀ヴェルニー公園
主催:12、9大東亜戦争開戦を記念する反米集会実行委員会。

同志諸君!横須賀米軍ゲート前へ結集せよ!ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

草莽崛起の会に参加

0711281936.JPG昨日は同血社主催の草莽崛起の会に参加した。
講師は国民協議会最高顧問の阿形充規先生。
現在は拠所の無い事情から、仁侠の道を歩まなければいけない立場だという事だが、民族運動に対する功績は計り知れないものがある。
私の中では、やはり運動の大先輩、心から敬意を表して先生と呼ばせて頂いた次第だ。
お話もかたっ苦しい政治の話で無く、阿形さんの幼少からのお話でそれがまた良かった。
本当に阿形先生のお人柄が現れた良き話であり、都内や地方からも沢山の方々が見えられ、立ち見も出る程の大盛況で終了(余裕で100人以上)
それにしても、毎回この会は人の集まりがスゴい。やはり河原会長の人徳の成せるところなのであろう。
人付き合いが苦手な私だが、少々見習いたい所である。
追記、直会の席にて、鹿島、小針、上條氏と歓談出来、非常に楽しいひと時を過ごす事が出来て良かった。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

選挙のはるか下に蔑まれる軍人の栄誉

本日の朝刊を読んでいると、何気なく目に付いたのは「福田首相、自衛隊栄誉礼中止」という記事である。
何気無くベタ記事で書かれたこの記事、その重要性といえば、世界各国に日本の軍人の地位の低さを証明するもの、我が国以外の国でもしこのような事態が生じたなら、即座に声を荒げ不穏な動きが起きてもおかしくないような事であろう。がしかし、この国(敢えてこの国と言わせていただく)では何処からもそのような声は聞かれず、私のような変わり者だけがブログで書いたり抗議をするだけの問題であるようだ。
37年前の三島?森田両烈士の楯の会義挙後、軍人としての誇りや男としての意地も何ら見せずに沈黙するだけであった彼ら自衛官。本年においても、我が軍の山口祐二郎同志が投げかけた一本の火炎瓶、この肉体言語に対して何の「男」としての反応も示そうとしない彼ら自衛官。一新右翼の若者に、自らの生活を犠牲にしてまでも肉体言語を用いる意味を知らされたというのに、それを恥と思わず、ただひたすら国防を標榜した役人然りと個人主義にうつつをぬかしているのであろう。
守屋前事務官を取り巻く防衛省の不正に関しても沈黙し続ける自衛官諸君。彼らは敵国が攻めて来ても、やはり見てみぬ顔をして沈黙でもする気なのであろうか。
軍人としての(とはいえここでは解体するべき自衛隊となるので、私から見たら、彼らの立場を尊重した上での誇りだが)栄誉や誇りを示す行事である、最高指揮官に対する栄誉礼?儀仗を、どう見ても「選挙」を睨んだ官邸側の思惑で取りやめられ、何ら憤りを覚えないものであろうか!
私の個人的な物差しから見たなら、先日の男たちの国防論でも発言したようにう、『私がいま自衛官ならば、間違いなく我が国家のことを思い、何らかの行動を起こしているであろう』となる。
悲しいかな、やはり三島烈士が言ったように、自衛隊には男がいないのであろう。すでに楯の会義挙から37年も過ぎようとしているのに…。
今回の栄誉礼の中止に対して、せめて統合幕僚議長なりなんなりの、抗議の辞表の提出を望むものである。軍人とはそうあるべきと心得給え!
腐りきった自衛隊は早く解体し、国軍を創設しなければならないと、つくづく痛感する今日この頃である。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

一般市民として?

長い間活動家をやって来た私だが、日々生きる糧としての生計だけは、自分で仕事をして成り立たせて来た。
クリントン来日闘争でパクられるまでは、ちょっとしたマーケティング関係の仕事を受けてやったりと、結構融通が利いたものだが、戻って来てからはまた一から出直し、やはり活動家としての時間をつくれる仕事という事から、最近は自由に動きやすいようにとタクシー運転手などしている。まあ20数年間、活動と生活との狭間を葛藤して生きている訳だ。
そんな私の生き方であるが、つまらない意地をここまで守り通して来たから、精神的には中々楽しい人生。(物質的には語れないが、笑↓)相手が誰であろうとズケズケとものが言えるのも、自らで働いて活動をして来たからである。
とはいえ、若い人を獲得しようと動きだした昨今では少々無理が出て来た。
特に今月は、広島、北海道と出張した事から画像のごとき。
0711211952.JPG
広島はまだ良かったが、北海道は完全に無理をしてしまったようだ。
という事で、12月は開戦記念日に関する活動以外は仕事に専念する事に決めた。
奇数日の忘年会のお誘いはお断り致しますので、悪しからず。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

11月25日

0711241533001.JPG
昨日は、三島由紀夫、森田必勝両烈士追悼37年祭、平成19年度野分祭に参加した。
元々が三島由紀夫に影響され活動に足を踏み入れた私である。両烈士の遺影を間のあたりにすると、感慨一入で有った。
野分祭とは、森田必勝烈士の辞世の句「今日にかけてかねて誓ひし我が胸の思ひを知るは野分のみかは」の野分から取っている。元々は楯の会解散後一水会結成に参画した故阿部勉氏や鈴木邦男現一水会最高顧問が中心として始めた祭という。実行委員長は長きに渡り、私の尊敬する元楯の会班長であり経団連事件の隊長である伊藤好雄先生がなっており、運営に関しては、現在は若者の手で運営するべしという諸先生、諸先輩たちの御意見から、藤本隆之(展転社社長)横山孝平(國の子評論発行人)そして私針谷の3人が実行委員となっている。
昨日の野分祭、横山孝平氏司会の中、本当に厳かに執り行われた。一水会岩上君の檄文朗読も迫力があって非常に良かったし、また私も開会の辞、閉会の辞を担当させて頂きました。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

男たちの国防論vol6

本年1月から隔月で始めた男たちの国防論も、昨日で今年最後となった。
思えば、新たな同志の獲得という命題のもとに始めたこの催し、そしてハンドマイクを片手にしての街宣。山口祐二郎同志、そして村田文吾同志のような、若き活動家の獲得という成果に繋がり、色々雑音も有ったが、やはり一歩踏み出して良かったと、本当に思っている。
私のようなロートルが議長をしているようでは、我が軍も新右翼などという言葉でなく、既製化されてしまう事であろう。若き10代20代の若者がやってこそ、義勇軍運動の意味があるのである。
とはいえ、右も左も分からない若者が、すぐ一人で出来る程、運動は甘くない。私は今後、私の持つ経験、ノウハウを、しっかり彼らに教えて行きたいと思う。
0711222205.JPG
さて昨日の男たちの国防論vol6『崩れ行く自衛隊と三島由紀夫の国防論』、非常に内容の濃い良いトークライブになったと思う。
論理性、そして経験に裏打ちされた木村代表の話。切れのある舟川総隊長のしっかりとしたスタンスに根付いた言。前回は不完全燃焼で有った三澤浩一氏だが、今回は『三澤さんに来て貰ってよかった』と本当に思えた程、正鵠を得たよき話をして頂けた。
いつものように、会場に集まった観客の皆さんは、動員ではない一般の人ばかり、余りにも登壇者が真面目に真剣に話をしたからか、飲み物、食べ物に手がまるっきり進まないくらい、6回やった中で一番客単価が低いライブとなった。
嬉しいのやら、悲しいのやらであるが、本当に昨日はまあ成功であった。
来年からも、本年達成できなかった目標を達成するためにも、この男たちの国防論は続けて行こうと思う。
イベントとしては三流であろうが、真剣に国を想う気持ちがある方には、是非一度足を運んで貰いたいものだ.
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

北海道フォーラム3

0711162053tanaka.JPG
→札幌に着きホテルにチェックインしてから会場へ。案内を見ると講師は木村代表のみと『ありゃりゃ、やっちゃったかな』と思いつつも、木村代表の重みの有る講演の後、私も講演というには余りにも拙い話しながら、北海道の皆さんの前で実践活動家としての訴えをおこなわして貰いました。
会場は、さすがに最近テレビや執筆活動に活躍されている木村代表が来るという事で、満席。
0711161851kimu.JPG
立ち見や入れない人まで出て、実数で約150人くらいだろうか。(よく市民団体がやる主催者発表なら、最低でも200人かな、笑)それにしても今回は本当に話しにくかった。広島の時は、講演者は私一人、時間も決められていて自分でペース配分が出来たが、今回は木村代表の後。似通った話しにならないように注意しながら、それに持ち時間も定まらず、多少はフォローを入れなきゃとか考えてのもの、アドリブ、本番は得意な私だが、今回は聞き苦しい所、??という部分が多々有ったであろう。お聴き下さった会場の皆様には、本当に申し訳ない限りだ。
それはそうと、フォローの積もりから、私まで世界連邦の設立とか言ってしまったよ(笑)
後、諸先生が目の前にどんと座ってられたのもキツかったなぁー。
北海道フォーラムは大盛況の中終了。
その後またも、清元和尚、前田総裁に甘え、直会へ。
美味しい料理、旨い酒をたらふく飲ませて頂き、ダーツバーも含め3次会4次会へと、私は札幌の陽射しを浴びる時間まで羽を伸ばさせて頂きました。
俗にいう『アゴ、アシ』(宿泊、交通費)を出して頂き、美味しい料理、酒をたらふく食べさせて下さった、前田総裁、清元和尚には、本当に感謝にたえません。ありがとうございました。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

北海道フォーラム2

0711161421win.JPG
→翌16日フォーラム当日。木村代表の誘いにより、私そしてフィボナッチのあがた女史は、某所にて昼食を取る。
洞爺湖を見下ろすこの壮大なホテルから見る景観は、非常に素晴らしいものであり、私も一度ゆっくり泊まってみたいと感じたほどだ。
<TS3B001rob.JPG
来年辺りに機会でも有ればいいのだが。(その前に先立つ物がないかな、笑)
ランチを頂いた後は、本番北海道フォーラムが行われる札幌へと→続く
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

ご案内

明日11月22日、新宿ネイキッドロフトにおいて、私が主催する『男たちの国防論vol6』を開催します。
演題は「崩れ行く自衛隊と三島由紀夫の国防論!」
あの三島、森田義挙後も、一人の自衛官すら立ち上がる事がない、名誉も誇りも持たない、まるで防人、武士とは言えない自衛隊(官)。
その設立から現在まで、なんら我が国の国体と合間みれる事無く、屁理屈のもとに存在して来たマガイモノの軍隊。
三島、森田両烈士没後37回目の命日を迎えるにあたり、故三島先生の言いたかった事、国防論を考えながら、崩れ行く自衛隊(米国の傭兵から脱皮出来ず、国軍になるどころか、米軍に編入されつつある)の現状、そしてあるべき国軍、国防軍の在り方を考えて行きたいと思っています。
登壇者には、木村三浩一水会代表、舟川孝愛国党総隊長、三澤浩一氏をお迎えする予定です。
また防衛省火炎瓶闘争の我が軍の若き勇士、山口祐二郎同志も途中壇上に上げ「なぜ攻撃対象が防衛省だったのか?」「生まれる前の三島義挙を思い浮かべたという事だが、本当か」などを聞いてみたいと思っています。
場所は、新宿ネイキッドロフト。
時間は、午後7時〜。
(詳細はホームページ参照のほど)
会場の皆さんからの質問時間もありますので、沢山の方のご参加お待ちしてます。
0711211240001.JPG
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

北海道フォーラム1

TS3B000900yuki.JPG15日〜17日まで、北海道フォーラムに参加する為、北海道に滞在。
先に書いたように15日は、学純同前田総裁、田中清元和尚のお心遣いにより、小樽朝里川温泉にて一泊する。
東京、横浜から犬塚、蜷川、長谷川、野里の大先輩諸氏。松山からは矢野議長とそうそうたるメンバーが駆け付けられ、全員が先生と呼べる大講師陣の陣容。
そんな中に私めも交じらせて頂き、楽しい宴のひと時を送らせて頂いた。
なんと言っても、初雪を見ながらの露天風呂は、この上ない思い一入で有った。
また良き思い出を増やす事が出来、機会を与えて下さった方々に感謝する次第である。→続く
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

山口同志、街宣活動に復帰する

071117133602.JPG昨日17日、新宿東口に山口祐二郎同志の勇姿が戻って来た。
7,25防衛省火炎瓶闘争で拘束される前の7月21日を最後に、約4ヶ月振りの定例街宣への参加である。
「やはり山口先輩はスゴいです」と、山口君の留守に彼に負けずと頑張っていた村田同志から、連絡メールと画像が届いた。
画像を見て分かるように、以前はトレードマークのホストしかりとした長髪、しかしそこにいたのは、綺麗に丸刈りされた凛々しいという言葉が当てはまる、同志山口の姿であった。
それにしても、にくいことに坊主頭でも格好じゃないかね。村田君は妬いてるんじゃないかな。
街宣終了後、若き義勇軍兵士達は山口君を囲んで朝まで祝杯を交わしたそうである。
15日についで、昨日も金友同志も参加との事。20代の若い人達が率先して運動を展開してくれる事は、本当に良き流れである。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

札幌の迎えは氷点下?

0711151906.JPG
北海道フォーラムに参加する為に、木村代表と羽田を発つ。午後2時半千歳空港着。
空港を出ると、田中清元和尚の所の沢田氏が迎えに来て下さる。
初めての札幌、私を歓迎してくれたのは、寒波らしい。
横浜ではスーツベスト姿でちょっと暑いくらいで有ったのが、ここ北海道は厚手のコートを着てやっと暖が取れる感じである。
いかん、宴会の席でこれを書いているので、ひんしゅくだ。後ほどという事で。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

北海道フォーラム参加予定。

0711141606.JPG
本日は社団法人日本マレーシア協会主催による「アジアの共生」というセミナーに参加した。
飲み友の(私はそう思っているが…)マレーシア協会理事の坪内氏の司会のもと、ひと通りの挨拶、そしてあの台湾独立派の活動家、金美齢さんの講演を聴き、それから各国留学生が登場しシンポジウムで終了。
金美齢女史と始めて少し言葉を交わすも、一刀両断でバッサリ切られた(笑)
だがなぜか気分は悪く無かったかな。まあ台湾の愛国者、それも大の親日派として、真剣に運動論、戦略論を持っているのであろう。シンポジウムで我々は認められない「アジアの為にはアメリカのプレゼンス」が必要的な意見が飛び出してくる事から、自らの理想をただ追うだけでは無い、現実的な台湾の愛国者だと理解した。
とはいえ、右翼は捨て石にもなれないとは(笑)
まあ台湾の愛国者に、日本の精神論的部分を理解して欲しいというのが無理なのであろうと、書いて置こう。
さて題名の通り、16日の北海道フォーラムに参加する為に明日より札幌に飛ぶ。
一水会の木村代表に「一緒に北海道フォーラムよろしく」「はぁ」で始まったのが事の始まり。日程も向こうに行って何をやったらいいのかもはっきり分からずの旅だ。それにしてもレコンを見たら画像の通り
0711122050.JPG
「講師?」こんな若輩な私も、緒先生、諸先輩が居る前で、しゃべらされる訳??
木村代表からは「ちょっと挨拶程度にしゃべってよ」とは聞いていたが、微妙である…。追伸、
『坪内さん、赤霧一緒に飲みましょう』
さて、北海道にはまたハンドマイク持参で行くかな。
そうそう本日のシンポジウム、あの怪しいスミス君が出ていてびっくりした。彼は私と違って、東大の客員研究員だもんな…。

ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

街宣活動に関して

山口同志は、防衛省火炎瓶闘争で捕まるまで、毎日のように渋谷でハンドマイク片手に道行く人々に訴えていた。
ある種、渋谷ハチ公前の一風景になりつつあったといえよう。
現在では、その山口同志に負けないよう、毎日とはいかなようだが、定例街宣以外の日に、村田同志が新宿東口アルタ前でマイクを持って訴えている。
元々私がハンドマイクを持って始めた「流れ」である。面白い事に伝播して行くようだ。
活動とは動いてなんぼ、決して口舌の徒になる事無く、これからも新たな同志達には頑張って貰いたいものだ。
次回17日(土)の定例街宣には、山口同志も参加する予定。
同志、シンパの皆さん、どうか新宿東口駅前広場にお集まり下さい。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

お詫び

相変わらず携帯からブログをいじっているもので、またとんでもないミスをしてしまった。
元々コメントに関しては、返事が返せない事もそうだが、なぜか英語の広告メールが沢山来てしまう為、承認制にしている。ブログを運営してくれているA君に、以前「なんとかならないのかなぁ」と聞いたが、しっかり対応している筈なのになぜか来てしまうらしい。
そんな事から、暇が有ればコメントに来ているメールをコツコツ消している次第。先日も、2千通くらいたまったいた未承認のコメントを整理していた。
そしたらそこでやってしまった。早見さんからのコメや、応援コメ、そして一番載せておきたかったダバコの害に関するコメント、全部で四人分くらい消してしまった。承認制の事から、自らのアドレスを載せなければならないかったるい状態にも関わらず、わざわざコメントを下さった方々に、本当に申し訳ないm(__)m 意見などは沢山来ているが、コメントは少ない中なのに、本当に申し訳無い限りである。
それにしても、海外からの迷惑メールはなんとかならないのであろうか。
本当は何か対策があるのでは??
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

ご報告

071109_1521.JPG
昨日午後四時半、我が妻詩穂子が男児を出産。針谷家にも跡取りが出来ました。
名は、祖国の為に寄与して欲しいという想いから、祐輔と命名。
本家にも跡取りが居らず、菩提寺を護るものが絶えるところでしたが、何とか系統は護られそうです。
後は無事に育ってくれる事を心より願うものです。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (4) : -

ゲーツ来日反対行動に、村田同志走る

昨日、侵略国家アメリカの国防長官、ゲーツが来日した。アメリカの侵略の片棒をより我が国に担がせる為に、自由、正義、そして国際貢献等のオブラートされた美名を引っ提げて、我が国をより侵略の共犯にしようという企みを持っての来日である。自衛隊解体!国軍創設!を主眼とする我々義勇軍としては、自衛隊の恒久傭兵化に繋がるこの流れは許される筈はない。
そこで「山口先輩が動けないいま私が」と、村田文吾同志が果敢に米大に突入!怒涛のシュプレヒコールを浴びせる戦果を上げたらしい。警備に着く官憲、米大警備陣も意表をつかれタジタジであったとの報告あり。村田同志の健闘を称えるものである。
本日午後からは、一水会と共闘で抗議文の手交を行なう予定。
一水会、義勇軍は反米愛国運動を果敢に戦うのみというところだ。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

一昨日5日は美味い酒だった

071105_165602.JPG画像のアップロードが上手く出来ず。昨日ブログを書けなかったのだが、5日月曜日に飲んだ酒は、非常に美味で有った。
我が軍の若き勇士山口同志に、執行猶予判決が出た事は先に書いたが、当日夕方、小菅の東京拘置所に鈴木信行同志をはじめとした仲間達と共に迎えに行ku
。山口君は画像の通りグレーのスーツ、そして彼のトレードマークの長髪はサッパリした坊主頭に、顔には満面の笑みがこぼれていた。
新宿で用事をこなしていて少し遅れてしまった、倉科、岩上、私の三人の前には、同年同月同日生まれの金友君と既にはしゃいでいる山口君の姿が目に入る。
私に気付くとキリッとしたまなざしで「ご迷惑を掛けました」と一礼する山口同志。
「ご苦労さま」と声を掛け、私も喜びと共に自分の住友事件での出所時(山口同志と同じ22歳の時、私も同じように執行猶予にて東京拘置所から出ている)を思い出す。
071105_165601.JPG
『山口君も活動がしたくて仕方無いんだろうな』と当時の自分を振り返る。
その後、山口君のお父上が下さった「萬世」にて祝いの酒とし、同志9人で回し飲み、記念撮影などをして彼は実家の群馬へとお父上と共に向かった。
その後用事のある鈴木、渡辺の同志と別れた我々6名で有ったが、折角のよき日、このまま帰るのはなんだなと思った私の一言により、一度別れた金友君も呼び戻し、北千住にて祝いの杯を催すことに、本当に飲んで飲んで飲んだ。
鐘ヶ江同志、スミス君とも始めて肝胆なく飲む事が出来たし、本当によき酒であった。
徹夜明けの倉科、岩上同志には酷だったカも知れないが。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (2) : -

政治情勢を読む3

小沢一郎が辞意を撤回したという。
状況の一変などは考えにくい中、どのような妥協点を見出したというのだろう。
本日ちょう度ゲーツ米国防長官が来日する。米国が求めているのは、自衛隊の恒久的傭兵化である。参議院選後は国内向けパフォーマンスを対米国に対しても行なった小沢民主。それが仇となり、米国の恐さを知る角栄門下な小沢である。先の醜態をさらし、今度はなりふり構わず国内政治を捨て、対米対処政治へと向かって行くのであろう。
どちらにしろ首根っこを掴まれたままでは、剛腕などは発揮出来ないだろうが(笑)
- : comments (0) : -

山口同志に猶予判決下る。

懲役2年、執行猶予4年。
裁判官の英断に感謝するものである。
判決文もとても素晴らしいもの、その内に我が手元に入り次第、皆さんに開示しようと思う。
山口祐二郎同志の今後の活躍を見守って下さい。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

山口同志の戦線復帰を願う

本日午後1時10分より、東京地裁第421号法廷にて、山口祐二郎君への判決が下る。
彼が自らを犠牲にしてもと行なった、火炎瓶投擲という肉体言語に関しては公判で述べた通り、至純な気持ちが元での事であり、本人も実刑は覚悟している。しかし彼はまだ若い、これからを考えると、「合法的な活動を頑張ってやって行きたい」と公判上で述べている事もあり、執行の猶予が有ってもいいだろうと、家族、そしてまわりの我々は望んでいる。
私は、彼が戦線に復帰するしないでは、活動全体に影響すると言っても過言でないと思っている。
公判上で明らかになった彼の幼い頃からの正義感の数々(友達がいじめられているのを助けたいから、強くなる為に合気道を始めた話や、お父さん曰く「祐二郎は見て見ぬ振りは出来ない子なんです」という言葉など)このような若者こそ、運動をリードしなければならないだろ。
本日午後、山口同志の満面な笑顔を見に、同志みんなで小菅に迎えに行ける事を信じてやまない。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

政治情勢を読む2

小沢一郎辞任の一報が入る。
まあ表向きな建前はそれなり綺麗事を並べるのであろうが、やはり政治生命が断たれる前に逃げを打ったのであろう。私は自衛官の名誉と誇りの獲得をより遠ざけるこの流れに心より危惧する。真に愛国心有る自衛官が立たれる事を望むものだ!自衛官諸君!魂無き武器庫の番人から自らを解き放て!!
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

村田文吾同志活躍する

山口君が、防衛省火炎瓶闘争を実行し拘束され、そして私も体調の悪化にともない、フットワークが悪くなっていた事から、活動の中核(活動体の為の犠牲者)が欠落し、活発に展開していた流れが、停滞へ向かってしまうかに思われたが、そこはそうは問屋が卸さないらしい。
村田文吾君が「山口先輩が戻って来るまでは、私の時間が許す限り活動をさせて下さい」と、ただですら少ない仕事の休みを、全て活動の時間へと振替えている。
聴くところによると、あの長髪もバッサリ切り、丸坊主へ変身との事だ。彼のやる気がひしひしと伝わって来る今日この頃である。
さてそんな村田同志、31日水曜日に続き、昨日の定例街宣も一人奮闘したとの事だ。(他同志は、皆仕事の都合つかず)
200710071640村田街宣.JPG
昨日の村田同志は、金大中事件に対する謝罪要求の抗議文を韓国大使館と内閣府へ手交しに行き、岩国基地が受け取らなかった、海兵隊の婦女暴行事件に対する抗議文を米国大使館へと、本当に分刻みな忙しい一日で有ったと思う。
夜も私の特務?をこなしと、本当に活動に明け暮れた一日であった事であろう。
彼や山口君、そしてばんばん来る入隊希望者の若者達、彼らのような至純の若者が活動の表舞台にどんどん上がって来てくれれば、この先の日本はまだまだ捨てたものではないのではないだろうか。
私と同年代の倉科同志のような真面目な青年や、若き同志が結集すれば、また新たな運動が展開出来るような気がする。
とにかく村田君、一日お疲れさま。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

岩国街宣、懐かしい友との語らい

岩国街宣02
28日広島平和公園を後にし、旧知の仲の西森氏と共に、山口県柳井市へと向かう。
西森氏は、私が広島の大学(故野村先生がこう読んでいた施設の事)にて勉学に励んでいた時の学友?、政治犯という事で、あの大学では変わり者な私、と3年間もの間懲りずに毎日場所柄に似合わない『真面目な話』を真剣に付き合ってくれていた好人物である。
当時はまだ20代後半と非常に若かったのにも関わらず、何故か懲役からも官からも、一目も二目も置かれており、みんなから信頼を得ていたこの人物と私は心底意気投合し、様々な話を毎日したものである。
知能指数が高い事から、新規に導入された編集用のパソコンを巧みに動かしていた西森氏である。私の話に疑問が有れば、すぐさま鋭い質問、意見が来る。言葉が通じる相手が居てくれて、本当に3年間助かったものである。そのお陰で感覚が鈍る事なく、卒業後すぐに戦線に復帰する事が出来た。感謝に耐えない限りである。
その西森氏のお言葉に甘えて、柳井にお邪魔する。
当日は、ふぐで始まり久々に飲み屋の梯子、柳井の綺麗どころまで見ることが出来、本当に楽しいひと時を送る送らせてもらった。
翌29日午前中、強姦事件をおこしたばかりの岩国海兵隊基地へハンドマイク片手に街宣をかけに行く。
これも私の我が儘から始まった活動、お世話になるにも関わらず「岩国基地前で街宣がしたい」と案内までしてもらい実現したことである。珍しく英語にて街宣する。内容は「海兵隊の犯罪は許さないぞ!」「我々は広島長崎の大虐殺を決して忘れないぞ!」などなどである。
岩国街宣01
街宣終了後、実はそのまま帰る予定でいたが、前日の西森氏と飲んだ酒の美味さが忘れられず『今度はいつ一緒に飲めるかわからないな』という気持ちが湧き、もう一泊お邪魔する事に。そして楽しい酒を朝四時まで、我が友と飲むことができた。
西森氏は、我が心の同志である。事情があって(流れが向かずかな)同じ戦線には立つ事が出来ないが、私の同志であることにはかわりがない!
その事が確認できて本当に良かった。
2泊もお邪魔をしてしまい色々お世話になってしまった。友よ、本当に楽しい時間をありがとう。と書いて置きたいと思う。
最後に、朝早くから眠い中車の運転をし、岩国、そして広島空港まで私を送って下さった松島氏にも、心よりの感謝を述べておきたい。ありがとうございました。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

政治情勢を読む

まわりの人間にはよく、状況説明、これからの流れ、起こりえる事態等を話す私である。
我々の役目は民族の触角としてアンテナを張り、今後を読み対処する事と自覚する私。情報戦こそが、暴力、武力が正当化されない現状の一番の武器という訳だ。そのような中、私のまわりの人間だけが今後の予測を聞きそれに対処して来た。
私としては、それで十分と思っているが、どうもまわりの同志はそうは思っていない。
逐一公開したらどうかという事だ。時間に余裕がある立場なら、暇な時間にどんどん書いてもいいのだが、はっきり言ってそんな余裕は無い。睡眠時間すらまともに取れず体調を壊している状態。
まあそれでも人の意見は素直に聴こうと思うので、一言位はそんな事も書いて行こうと思う。
党首会談云々、外堀を埋められているのは小沢一郎である。
米国内権力闘争の落ちどころの様子見が前提だが、より米国の傭兵化が進む結果になるのは間違いないであろう。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

広島講演、13年間の成長

28日(日)、午前4時半起床。始発の羽田発広島行きのANAで、ある意味思い出深い広島に旅立つ。
午前8時半広島着。出迎えに来ている筈の山内氏を探すも、13年前の記憶だけが頼りな私、山内氏も同じような思いの中だったのだろうが、これは問題無く「おはようございます。ご苦労様です。」とお互い言葉を交わす。
広島市内までの車中、また開会(瑞穂赤心同盟大日本勤皇党世正侠憂会の10周年記念パーティーとの事であった)までの時間、13年前に熱く語ったあの時と変わらず、お互いの想い、考えを生真面目にぶつけ合う事が出来た。
午前10時パーティーが始まる。厳粛なる国民儀礼、活動報告、そして広島の皆さんの挨拶が行われ、歌を披露される方々も現れる祝いの宴しかりという雰囲気の中、午前11時過ぎ私の出番が回って来る。
話す内容は、原爆、そして米国大統領謝罪というテーマを考えていた私。一応講演という事もあり、いつもの絶叫系?はやめて淡々と話す積もりでは有ったのだが、やはり私の事である。「講演という事ですが、私は皆さんと同じ実践の活動家。この広島に来たからには、心よりの訴えをさせて頂きたい。」〜、いつものように熱く持ち時間一杯「この広島から米国大統領の謝罪要求の流れを作って頂きたい。この広島、そして長崎に住む方にしか出来ない運動なんです!」云々と、結局いつものようなしゃべりを展開してしまった。
まあこれが私なのであろう。それはそれで良かったのでは無いかと思う。
午後12時パーティー終了。
その後、友人の西森氏を含め、また山内氏と歓談。それから平和公園に慰霊参拝に行き、山内氏と別れ、山口県へ向う。
本当にこの広島行き、行って良かったと思う。人はなんと言おうが、正解であった。
近い内にまた行きたいものだ。今度はハンドマイク片手に、広島の人々に訴えてみたいもの。
山口、岩国街宣は次回にて書くことにしよう。
ブログランキングランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -
最終更新
コメント
カテゴリー
まとめ
プロフィール
統一戦線義勇軍 機関紙
  • 緑旗
    (統一戦線義勇軍 中央委員会通信)
  • 義勇軍報
    (統一戦線義勇軍 中央機関紙)