統一戦線義勇軍
統一戦線義勇軍 議長 針谷大輔のブログ

<< 2008/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

出稼ぎに出てます。しかし空気が美味い!

TS3B0181029021.JPGここのところバタバタし過ぎていて、仕事にまともに出れていない。
なぜか活動で用事が有るのが、仕事の出番の日ばかり、そんな事情により、今月の給料は前借り分を引かれて12万そこそこ、馬が居なかったら我が家の生活は完全に終わっている。それでも今月は特にひど過ぎる。
というところに、タイミング良く短期バイトの話、新幹線に乗って出稼ぎに来た次第である。
ハードスケジュールとはいえ、中々息抜きになっている。やはり田舎はいいものだ。
フラッと近くを歩いて見付けたのが画像のような「桂小五郎の隠れ家址」明治維新のゆかりの地に偶然にくる等、笑える限り。『私も昔は至る所に隠れ家が会ったなぁー』とか、(あ、イケ無いイケ無い、笑)
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (3) : -

書き方が良く無かったようです。

昨日のブログ、意気込みの話しであり、特に何をしようという事では有りません。
書き方が良くなかったようで、気遣ってくれるコメントやメールを随分頂いてしまいました。
Z旗を掲げる戦い、我が人生というより、我が祖国日本として、国民が一丸となって背水の陣で望まなければ、我が国は亡国の末路を歩む事になるでしょう。
その為にも、多くの国民が自らの国の在り方を考え、日本という国の国民として責任感を持って生きなければいけないと思います。
私はそんな考えのもと、現在そのような若者達との交流を広く進めたく思っています。
フリーチベットを叫び、新たに運動に足を踏み入れて来た多くの若者達が現われて居るようです。そんな若者達をサポートしたいというのが、現在の私の一番の心境です。
文吾君がブログで書いてしまっているので書きますが、私の誕生日にあたる一昨日、そんな彼らと飲む機会を得ました。非常に楽しいオフ会であり、また集まった方々の熱気、やる気が伝わって来て、『こんな流れが必要なんだよなあー』と思った次第です。
若い人達と一緒に、本当に楽しいお酒が飲む事が出来、先日一緒にロフトのイベントに出演したアリ@freetibettoさんには、本当に感謝しています。
まあ私が持っている知識、ノウハウをどんどん活用して貰えたらと思います。
追伸、とはいえ、睡眠不足、すきっ腹、苦手なビールの飲み過ぎで、珍しく酩酊してしまいご迷惑をお掛けしました。文吾君共々、ちょっと顰蹙を買ってしまったかもしれないから、次回は呼んで貰えないかも知れないなぁー(笑)
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (5) : -

Z旗を掲げる

昨日27日「若い若い」と言われて来た私も、43という歳を迎えた。
妙な縁で、私の誕生日は旧海軍記念日である。
我が祖国日本が「皇国の荒廃この一戦にあり!」と、Z旗(『これ以上後は無い!』という意気込みを、アルファベットの最後の文字Zで表した)を掲げて、国運をかけて戦った日本海海戦。その勝利を記念して、その日を海軍記念日としたのだ。
そんな記念日に生まれたのも何かの縁と、現在まで心の拠り所の一つとして来た私で有る。
我が人生にZ旗を掲げるのも、そう遠くないような気がする。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (3) : -

楠公祭

ピクチャ.JPG
昨日、犬塚哲爾先生が世話人を務める「楠公祭」に参加させて頂きました。
実はこの楠公祭、私はなぜか初参加、どうもタイミングが合わず、知らず知らずの内に、時を重ねてしまっていました。
厳かな空気のもと、子供の頃の記憶を紐解きながら、楠木正成という尊皇の士に、思いを馳せた次第です。
私自身の正義感の源は、やはり太平記を抜きには語れません。
「悪党」という言葉、真の意味の深さを、現代の仁侠の方と語ってみたい程です。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (1) : -

男たちの国防論vol9のDVDが、出来上がって来た。

前回4月30日に、阿佐ヶ谷ロフトAで開催した男たちの国防論vol9『大中華思想vs新たな日韓関係の構築!?』(出演:鈴木信行維新政党新風幹事長、福田邦宏防共新聞社主幹、丸川仁大行社中央本部長、横山孝平国の子評論代表)のDVDが、遅まきながら仕上がって来た。
TS3B0179029020.JPG
当日会場に来れなかった方で、観てみたい方などいたら、1枚1500円(+送料80円)でお譲りして居ります。
郵便振替
00270-5-46732
口座名、統一戦線義勇軍
に振込み頂ければ、そのまま発送させて頂きます。
また、今月も発行が遅れてしまっている「緑旗」ですが、明日明後日には、なんとか発送出来そうです。ご購読者の皆様には、いつもご迷惑をお掛けして申し訳有りません。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

国会議事堂、自衛官自決未遂事件の鈴木田峻吾陸士長に支援をお願い致します。

大東亜戦争終結後、我が祖国日本は、陸、海2軍の武装解除を受け入れ、米国が主導するGHQの押し付けた占領基本法のもと、軍備の不保持を約束させられました。
しかし、その後の米ソ冷戦構造の狭間において、押し付けた側の一方的な理由により、我が国は再軍備をする事となります。警察予備隊→保安隊を経て、現在自衛隊と呼ばれているのが、その過程で出来た「軍隊」です。
しかしこの自衛隊なるもの、創設された過程が以上のように米国の国益の延長線上に有ることから、我が国の文化、伝統、歴史を背負っているとは一概に言えない存在です。
建軍の本義なき軍隊が、真に我が国体を護るべき軍隊といえるのであろうか!?
昭和45年11月25日、市ヶ谷台において、三島森田両烈士がなぜ身命を賭して訴え自決したのか、この事はあの「銘記せよ!」という檄文に、しっかりと表されているのであります。
三島森田両烈士の義挙後、自衛隊はただただ沈黙するばかりであり「一人の男子」も現われないで来たのではないでしょうか。
そのような中で、今回鈴木田峻吾陸士長が、祖国日本の軍隊が建軍の本義としなければいけない御皇室に鑑み、
「なぜ天皇陛下が、あの胡錦濤のような輩のもとを訪ねなければいけないのか!」と、
平成20年5月8日午後9時過ぎ、自衛隊の制服を着用し抗議の自決を試みるに至ったのであります。
志半ばで、未遂に終わったとはいえ、弱冠20才の若き軍人の至純な行動。三島森田両烈士の義挙後、初めて自衛官の中からその檄文に応える声が上がったのではないでしょうか。
その彼の至純な気持ちに応える為にも、何らかの支援が出来ないかと、「鈴木田峻吾陸士長を支援する会」を立ち上げた次第です。
尽きましては、鈴木田陸士長の至純な気持ちに応えるため、どうぞ皆様の温かいお気持ちを頂けたら幸いで御座います。

※支援カンパは下記口座にて受付ます。
郵便振替00220−2−115731
「鈴木田峻吾陸士長を支援する会」

※また、鈴木田陸士長に対する独自の支援なども大歓迎です。彼の至純な気持ちに応えて頂ければと思います。

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

北京オリンピックボイコット国民大会へ参加

昨日は定例街宣を早目に切り上げ、民族派若手有志が開催する「北京オリンピックボイコット国民大会」(代表世話人、近藤勝博防共新聞社遊説隊)に参加して来た。
080524_1517~01.JPG
私はいつものようにこんな感じ、
文吾君は、人目を引くように謎の「空手マン?」だ。
080524_150540001.JPG
縁有ってか、定例街宣を見学に来てくれていた、アリフリーチベット派?のY君も、右翼、民族派のデモに初参加する事に。
生憎の雨にも関わらず、渋谷宮下公園には、100名を超える同志達が結集していた。
080524_1637~01001.JPG
集会終了後はデモへ
080524_1713~01.JPG
我々も一緒に渋谷の街へ繰り出し、シュプレヒコールの一員となった。
080524_1714~01.JPG
清和組織局長はいつものように叫ぶ。
作家の中野ジローさんも、我々と共に参加。
080524_1730~02.JPG
やはり文吾君は目立っていた。
080524_172926001.JPG

デモ終了後、一般人から観た感想などをY君と後から駆け付けてくれたMちゃんに聞いた。
「あれでは一般人が飛び込みで参加出来ません。もっとオープンにしたら、飛び込みで参加すると思います」など、チベットサポーター運動の盛り上がりの基本的な部分に繋がる感想を述べていた。
次回彼らとデモを企画することになるだろうから、その時には『ではそういうところを工夫しよう』と約束した。定例会では、そんなところも話せたらと思う。
※具体的に何かを書くと、初回から公安警察の監視対象になってしまうので、悪いが私のブログ上では書きません。悪しからず。

※国会議事堂、自衛官抗議自決未遂事件の鈴木田陸士長への支援カンパは、下記口座にて受付ます。

郵便振替00220−2−115731
「鈴木田峻吾陸士長を支援する会」

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

お知らせ(なぜかmixi)

平女史より「折角コミュ立てたんですから、ちゃんと自分で宣伝して下さいよ」と言われてしまった。私はmixiには登録すらしていないのだが、私のmixi上の代理人の一人である平女史の頼み?という事で、お知らせを書かせて頂きます。
mixi上に「統一戦線義勇軍」コミュというのが有るそうです。mixiをやる方においては、何卒よろしくお願いしますm(__)m
何か、段々ネットに引きずられ始めて来た今日この頃である。複雑だ…。

※鈴木田陸士長への支援カンパは、下記口座にて受付ます。

郵便振替00220−2−115731
「鈴木田峻吾陸士長を支援する会」

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (5) : -

村田文吾釈放される

昨日麹町署に不当逮捕された村田文吾同志、奪還闘争(そんな大それたものではないか、笑)のかい有り、夜遅くに無事に釈放された。
TS3B0177032.JPG
(声を荒げ!不当逮捕に抗議する、清和崇組織局長)
同じ麹町警察という事で、鈴木田陸士長への支援街宣も実施。
TS3B0175032.JPG
(私は声を荒げず、いつもの調子で)
それにしても文吾君には、しっかりと麹町の留置所に、偵察要員として入って欲しかったものだ(笑)。
昔なら、それ位の事は仕掛けれた我が機関だが、本当に情けない限りだ。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

お知らせ、村田文吾逮捕される

昨日も、鈴木田陸士長の支援街宣に心血を注ぎ取り組んでいた村田文吾同志だが、本日午前、朝鮮総連に抗議活動中に、この「違法な施設」に対しペットボトルを投げつけ、逮捕、拘束されてしまった。
在外公館では無い朝鮮総連への警備、その過程で起こった今回の不当逮捕!断固として法的な説明を求めたいものである。
麹町署に身柄を拘束されたという事なので、鈴木田陸士長共々、村田君の支援街宣をしたいと思う。
魔物との戦い、手をこまねいて見ている訳には行かないのである。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (3) : -

情報戦という魔物

先日のブログで、鈴木田陸士長の支援体制が固まったと書いた。
辻洋一先生→支援事務局という流れで、自衛隊関係者を始め、広く呼掛ていきたいと書いた訳だが、この基本線が少々変わってしまった。
辻先生と彼が、このラインで行こうと約束したのが一昨日の事。
して昨日、まさに晴天の霹靂!『やはり色の付いていない弁護士先生に、お願いしたいのですが』と、彼の言。
一体一日で何が有ったというのだろう。
情報が遮断され、情報操作がしやすい状況というのは解る。また弱冠20才という若さ、至純な気持ちで行動を起こすような、純粋で真面目な性格、隊内においては、オリンピック強化要員に選ばれる程の優秀な兵士。
その彼に、この情報戦という名の魔物は、どのように襲いかかったのであろうか!
これ程純粋な青年に、あの魔物と戦えというのは酷な話である。
私は彼の至純な気持ちだけを大切にし、彼の一日でも早い復帰を願うものである。
また魔物が出て来ようが、支援はやはり当初の予定通り行ないます。
次に飲み込まれるのは私かも知れない。
昔の私のような備えも何も無い、まるで大阪夏の陣の私ではあるが、私は赤誠の気持ちを携えて、乗り切って行くのみである。
恐るべし○○○、敵で有ってはいけない筈なのだが、、

※支援カンパは下記口座にて受付ます。
郵便振替00220−2−115731
「鈴木田峻吾陸士長を支援する会」

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

お知らせ、本日の街宣

村田文吾君から連絡があった。
本日午後5時頃から、新宿東口駅前広場アルタ前で、街宣を行なうとのことである。(雨天は中止らしいが)
お時間のある方は、どうか応援にでも駆け付けてやって下さい。
お知らせまで
- : comments (0) : -

光明と期待

フリーチベットを叫ぶ若者達の運動。これ程人が集まり、あれ程の動員が掛かると誰が予想出来ただろうか。
デモを主催した側もそうだろうが、取り締る側、権力や公安もビックリした事であろう。
権力や政治家共がビックリする事(情報分析されて、情報管理された運動では無く)これこそ、真に維新の下敷きとなる国民運動と呼べるのかも知れない。
それも真剣さの中に、とても楽しく遊びの感覚、これらが加味された時、若者達の力は増幅して行くのではないだろうか?
あの全共闘運動、圧倒的な数の若者達が、そのエネルギーの源泉として終結した。決してイデオロギーなどでは無く『米国に対するフラストレーションの発散が、あの運動の基に有ったんだよ』と、当時全共闘運動を闘った人達の多くの方に、そんな事を聞いた。そして『当時は、左翼的な事をいうのが何かインテリぽくって格好良くてね(笑)』とも。
そうなのである。こういう自然発生的な運動においては、楽しさや格好良さがなければいけないのである。
堅苦しい事は抜きにして、楽しさと格好良さを求め、まるで江戸時代の「ええじゃないか運動(運動かな?)」のように、『右翼でもええじゃないか、左翼でもええじゃないか』『フリーチベットを叫べば、誰でもええじゃないか』と、平成のええじゃないか運動とでも呼べる、枠に捉われない運動になってくれたらと思う。
勿論そこには、確固とした原則は必要であるが、、、。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (7) : -

本日の定例街宣

本日の定例街宣、流石に仕事を休み過ぎてしまっている事から、私は欠席します。
村田文吾君が中心で行なうとの由、まあ彼に任せる事とします。
全員が普通の生活スタイル、生業を持ちながらの活動形態という事で、こういう風に動かなければいけない時にはツラいものである。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (3) : -

週刊新潮に載る前に書いておく

鈴木田陸士長の件だが、明日発売の週刊新潮が恣意的(右翼=悪)に書いている節があるので、私が彼から聞いている事を書いて置く事にする。
彼は、自衛官という職に就いていたにも関わらず、憂国の情を抑えきれず、新宿西口にてEという偽名で、街宣活動を行なっていた事があったそうである。
彼曰く「K会の方々は非常に良い方ばかりであり、勉強になりました」と話していた。
今回の彼の決起においては、私を始め、これらの過去の事実関係は何も関係していないのは、良識ある同胞の皆さんならば分かる事であろう。しかし新潮は、これらを面白おかしく書こうとしている節が有るそうだ。
憂国の情に訴え、自らの身命を捧げようとした自衛官を「危ない者=右翼」と扱いたいのであろうか。
明日発売の新潮を読んで見なければ分からないが、週刊誌一つの記事も見逃すことはできないであろう。
この大きく覆い被さった情報の渦(情報戦下)で、慎重を期して分析能力を研鑽していかなければいけないと、自らに戒める次第である。
相反する情報の錯綜、非常に厄介である。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (5) : -

緊急報告

英霊顕彰会の笠哲哉会長と私は、友人であり、長年非常に良き関係で交遊をさせて頂いている。であるから、笠会長のブログの内容を否定したりするのは、気が進まないのであるが、今回の鈴木田陸士長の件で、大分キャプションが付けられているので、訂正させて頂く。
遺書に関してだが、笠会長のブログでは陛下の記述が有るが、これは家族宛の遺書には無いと言われている。(本当は有るのかも知れないが?)
この辺の錯誤を正さぬまま、某週刊誌の取材を受けてしまったとの事。頭が痛い限りである。
本日辺り、ことが動くであろうから、どうか見守りたい限りだ。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

昨日のイベントは、良きものであった

CA3A0006001001001.JPG
私がチベットサポーターと呼んでいる、フリーチベットを叫ぶ人たち、私は彼らにまずは謝って置かけなければいけないと反省させられた。
完全にサッカーののりで、ただお遊び程度、流行なのだろうと思っていた私だが、昨日アリ@freetibetさんに会った瞬間、その考えは吹っ飛んだ。
彼と会うまで『ネットの世界の人なんだろうから、ちゃんと話せるのかなぁ?』と考えていた私だが、これが大きな誤算?そこに居たアリ@freetibetさんは、私が知る「行動者」の顔付き。年齢20代後半だそうだが、その人生経験からか落ち着きが有り、逆に『なんでこの人がネットに』と考えてしまった程だ。スタートの時間まで、大分時間が有ったので、色々と意見交換をしたのだが、私はすっかりアリ@freetibetファンになってしまった。
ちょっと持ち上げ過ぎているように感じるかも知れないが、彼ならこのフリーチベットの流れをしっかりと受け止めてくれそうだ。私が知る限り、リーダーになれる唯一の人物と言えよう。
※ここから酔って書いてます。
さて、イベントの方だが、内容は私が書くまでも無く充実し、非常に面白かった。
またアリ@freetibetさんが、次のイベントを開いてくれる事だろうから、どうか見に来て頂ければ、あの良き空間が共有出来る事であろう。
そうそう、客席に居た方々も、非常に前向き、かつ真面目で、何か熱いものが感じられた。また一緒に空間を共有出来たら、幸いである。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (8) : -

初めて、他人の日記を貼らせて頂きます。

明日の阿佐ヶ谷ロフトAでのイベントの主演である、アリ@freetibetさんの日記を転載します。
私はmixiというものはやらないのですが「これは見ておいて下さい」と、私の元に送られて来ました。内容を読んで「へえ〜、こういう人なんだ。明日話をするのが楽しみだなあ」と感じ、ならば我々の同志の目にも触れて頂こうと、他人の日記を転載させて貰う事としました。
私も中々ネット右翼ぽくなってきたでしょ(笑)

以下アリ@freetibetさんのmixiでの日記です。

創価学会について語る時が来ました 2008年05月08日12:26

嫌がらせ覚悟で書く時が来ました。

創価学会代表池田大作氏がコキントウと会談するからです。
彼らの会談は僕らにとって常に触れられない大きな壁です。

創価学会は日蓮を軸とした法華信者で構成されています。また公明党の支持母体としても有名です。
彼らの多くは、メディア、企業に、官僚に存在しているにも関わらず、
TV、新聞等では一切タブー視され、
創価学会に言及する事すら出来ずにいます。

僕はそんな彼らに対して否定的な立場でしたが、何も知らずに否定するのもズルいと思い、
ここ数年、彼らの機関紙「聖教新聞」に目を通していました。
池田大作氏の書いた書、「人間革命」にも目を通しました。
その上で、強く抗議させていただく。


現在、創価学会が熱心に交友を深めてきたコキントウ氏が、
現在進行形でチベットやウイグル、モンゴル、周辺諸国を武力弾圧しています。
友人として黙認するのが貴方達の答えでしょうか?
聖教新聞を読んでいると、創価学会の基本理念は、
「世界平和、人間教育と対話」であると見受けられます。
しかしながら、
チベット騒乱から現在までの2か月間、
聖教新聞内でチベット問題に関する記事がありましたか?
ラサでの騒乱の翌日の1面は、
池田大作氏が中国のとある市で名誉市民になったと報じられただけでした。
それに対する社説や投稿記事も、
「世界平和に貢献してきた創価学会を世界中が評価。対話と平和の理念が世界中で称賛されている。」
といった内容でした。
残念ながら僕は、聖教新聞以外では、
チベット騒乱を出し抜くような世界中の称賛を浴びている記事を見つける事は出来ませんでした。



考え方は人それぞれ。
自分の属している団体を褒めたい気持ちはわかります。
しかし、創価学会は、
政党を持ち、メディアを支配している時点で、ある程度の見解を表明する責任があると僕は考えます。
この時期にコキントウ氏と会談する程のお方ならなおさらです。

どうして世界平和、対話、人権を主張する団体が、
今回の世界的に重大な人権問題を無視できるのですか?
チベット仏教は邪教だから救うに値しないとお考えなら、そういう声明を出して下さい。
貴方達が普段推奨している折伏というやつで、
説き伏せてみたらいいじゃないですか。


むしろ、コキントウを折伏して、
人権弾圧を辞めさせて下さい。
彼らは人権も宗教も弾圧してるのですよ?
貴方達特定の宗教団体が優遇される裏で、中国が政治的に利用しているのに気付きませんか?
世界平和を唱えるなら、そして真の日中友好を求めるなら、
池田大作代表の友人がしている人権弾圧から目を逸らさないで下さい。
そこに目をつぶって、ただ仲良くしてるだけでは、
「売国奴」や「営利団体」と言われてもしょうがないと思います。

学会員がメディアを支配し、
いつも同じ顔触れの特定の学会員タレントを並べて、
好感度ランキングを操作して作ったTV番組に、
いいかげん国民は嫌気がさしています。
明らかに不自然な報道や、制限された発言の裏に、
創価学会の圧力を感じざるを得ません。


今後もこのような行為を続けるつもりなら、
宗教団体創価学会ではなく、

【特定親中営利団体、池田組】
に改名して下さい。

黙って裏で細工をしないで、
主義主張を堂々として下さい。
TVでも一般紙でも堂々と発言して下さい。


反対意見を嫌がらせで封殺するような真似は辞めて、
しっかりと議論の場に出てきて下さい。



また、口当たりのいい誘い文句や、半強制的な世襲制で、
純粋な一般学会員を騙すのはもうやめて下さい。

僕のメールには、
若い学会員の方から
「なぜうちの代表は何もしないんだろう?」
と疑問の声も頂いてます。
彼ら自身は言いにくいと思うので、代わりに言わせて頂きますが、
彼らは世界平和の理念に賛同して広布活動を頑張ってるのです。
彼らの情熱に見合うだけの行為をして下さい。


今まで、そしてこれからも、
創価学会の責任は重いです。

意思表示をして下さい。
崇高な理念を公の場で表明して下さい。



僕は強く抗議します。
友人に、
「あいつらには関わるのはやめとけ」と言われますが、
チベット問題の解決にはどうしても阻害因子であるあなた方に抗議をせざるをえません。

チベットの友人が生きるか死ぬかの状況にある今、
この大事な局面で、
僕はリスクを承知で発言せざるを得ない。

だれも言わないなら僕が言う。


創価学会代表池田大作さん。
あなたの理念を今こそ表明すべきだ。
あなたの言う世界平和、人権、対話は、
誰の為のものなのか。
ハッキリとさせなさい。
どうか中途半端な営利主義の日中友好で、日本を三流国家に導くような真似はやめてくれ!!!!
今のままの創価学会なら、日本には邪魔だ!!



チベット問題をスルー出来ると思うなよ。
何度でも叫んでやるからな。




転載、リンク、送付、晒し、全て自由。
外部だろうが掲示板だろうが海外だろうが全て自由。
使用は自己責任で。


5月8日
アリ@freetibet

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

お知らせ

本日の定例街宣、新宿の午後の降水確率が高いので、残念ながら中止に致します。
鈴木田陸士長の件、翌日のテレビでの報道が、ユーチューブにてUPされているとのこと。「国会 自衛官自殺」から検索出来るそうです。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票

また明日11日(日)、阿佐ヶ谷ロフトAで開催されるすごく楽しそうなイベントにゲストとして呼ばれています。詳細は下記に貼りますが、多分満員御礼立ち見も出るのではないでしょうか。

2008/5/11(日)
「緊急決定!報道されなかった長野聖火リレーの裏側」  
mixiで「世界最低の国、日本」と題された4/27付の日記に、今多くのコメントが寄せられています。 
フリーチベットを訴えるデモ行進を弾圧した日本の警察。
「歓迎ムード」と伝える報道では押し隠された長野聖火リレーの真実。 現地で弾圧を体験しその模様を撮影・公表した出演者が、この日、生の言葉で語ります。
【会場】Asagaya/Loft A http://www.loft-prj.co.jp/lofta/
【出演】アリ@freetibet
【ゲスト】針谷大輔(統一戦線義勇軍議長)     
     bobin(シンガー・ソングライター)     
     探偵ファイル 大住(ムーンマン月男)

OPEN 18:30 / START 19:30¥1,000(当日のみ)  
    

第一部 チベット問題とは 
【ゲスト】bobinさん  (60分)           

第二部 長野聖火リレーの裏側(60分)        
【ゲスト】針谷大輔さん、探偵ファイル大住さん      

針谷大輔(統一戦線義勇軍議長):昭和62年、住友不動産会長宅襲撃事件に参画。以来、池子米軍住宅反対運動など多肢に渡り活動を続ける。戦略家を自称するその弁舌は、民族派の枠をも凌駕する。元暴走族総長という一面も。

bobin:1976年、ヒマラヤの国ネパールのカトマンズに生まれる。幼いころから西洋音楽に影響を受け、音楽を始める。1996年、留学のため来日。自分のルーツであるネパールの音楽と、影響を受けた西洋音楽をミックスした新しいスタイルを目指す。デジタル社会の渦中。様々な情報が入り乱れ消費されていくだけの「音楽」が乱立する中、“戦争”“核”“人種差別”などの問題と向き合いながら、次世代を創造していくべき人達の心に向けて「平和」を伝えるメッセンジャーが、「調和」をテーマにアジアから、アメリカ・ヨーロッパへ動き始めた。

探偵ファイル 大住(ムーンマン月男): ウェブサイト「探偵ファイル」の取材のため、聖火リレー沿道に「黒タイツと三日月のお面」といういでたちで乗り込む。その様子を撮影した動画はウェブ上で大ブレイク。記事の中では「全長18.7キロに及ぶコースのスタート地点、長野駅前、中間地点、ゴール地点、以外のどうでもいいといってはおかしいが大半の部分ではほとんど混乱らしい混乱もなく、地元の人たちが特に主義主張なく聖火リレーを見学にきていたというのはあまり報道されない。」と語っている。

私も彼らの話が聞きたい。今から非常に楽しみにしています。
- : comments (0) : -

自衛隊との長い付き合い

ご存知のように、現在私はタクシー運転手をしている。タクシー運転手にとっては、一番の稼ぎ時である本日金曜日、出番であった私だが、なぜか既に仕事を上がって家に帰って来ている。
なぜかといえば、私が自宅に夕食に帰っている間に、こんなタイミングピッタリに、車上荒らしに有ったからである。
最近、この界隈では車上荒らしが流行っているという。しかしこれ程タイミングが良すぎると、自衛隊との付き合いが長い私は、どうしても勘ぐってしまう。
大分昔、私と自衛隊との関係を探るために自衛隊を訪れた神奈川県警の公安警察官の家に、タイヤが投げ込まれたという事件が有ったりした。
同じように私が知る限り、自衛隊や警察の暗部に探りを入れた人間に、不可解な事が襲い掛かったという事実も知っている。
私はそんな事に関わる立場に有った事から、子供も作らないで来ていた。
今また関わる事になろうとは!
これも運命なのであろう。
生命を賭けた若き防人の為に、私は私が出来る最善の事がしたい!

彼の純粋な想い、至純な死生観を私は大切にしたい。
死なないでくれて良かった。
226の将校たちが出来なかった裁判闘争、現在はそれをすることが出来る。
彼には今後、法廷の場で頑張って闘って欲しい。
その為にも、彼が「留置場で自殺」などという、謀殺をされないように!
私は今まで『議長のブログを貼りに行きましょうか?』という問いに対して「そういうのはヤメてくれ!」と言って来た。
今回に関しては、その自分の誓いを破っても、行う必要があると考え、私から頼んだ次第である。
赤誠の気持を守る事は、最優先事項なのである。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (18) : -

昨日8日、胡錦濤抗議行動詳細

今回の胡錦濤来日闘争だが、チベットサポーター達の頑張りによって、表の抗議活動は非常に効果的なものになっているように感じる。
今まで、我々民族派や保守系市民団体が「反中」を訴えても動員は僅かだった運動が、チベット民族問題で日本人の心の中に眠る「正義な心」に火がついたのであろう。一過性で終わってしまう可能性は有るが、非常に喜ばしい限りである。
さてそんな中での、我々民族派の役目だ。
1日目、2日目と様子を見たが、何も挙がらない。
という事で昨日、厳重な警備網の穴を衝いての私の抗議行動となった。
2日間静観を決め込んだ事から、完全なるノーマーク。今回の日程が決まってから、机上演習しかりと、警備の盲点は数ヵ所リストアップして置いた。その中の一つが、首都高早稲田出口だ。
昨日の足跡。
仕事を早目に切り上げ、朝5時半帰宅。
6時より10時まで仮眠。
ニュース、新聞に目を通し、必要な物品を揃え、スーツケースへ放り込む。
畏れ多い事に、天皇陛下の政治利用しかりと、福田内閣が決めた今回の国賓としての胡錦濤来日である。残念な事に、御皇室の車両が使用されている事が想定される。そんな理由から、長野で使い損ねた車載用消火器(体調不良により長野行きは断念した)タマゴ等の物品は、最初から除外した。
スーツケースの中に、日章旗、ハンドマイク、横断幕を放り込んで、12時自宅を出発。
13時、赤坂にて本日の必要物品であるチベット国旗を購入。(本当は法輪功の旗を使用したかったのだが、連絡ミスにより入手に失敗)
14時15分、江戸川橋駅着。
警備の布陣を観察しつつ、予定地点にて待機。
TS3B0160028.JPG
この間画像のように、イメージをしながら予行演習を行う。
15時15分、胡錦濤を乗せた車列が降りてくる。
最初は、画像を撮ってからなどと悠長に構えていた私だが、それではタイミングを外しかねない。画像はあきらめ、高速から5m、車列からは7m余りにて、抗議を開始。
TS3B0162028.JPG
最初にまず、画像の旗を大きく「右から左、左から右」へと2度程振り、ハンドマイクにて抗議をする。
「胡錦濤!内政干渉を許さん!チベット民族独立支持!」と車列に対して浴びせかける。
不意をつかれ、動揺した車列が、停止。
そこで、機動隊員が私に飛び掛り、私の役目は終了した。
080509_0953.JPG
(またもハンドマイクが負傷)
その後はお決まりのように、確保、拘束。
こういう場合、プロの活動家である私は冷静だが、彼ら警備陣はあたふたして収拾がつかなくなっているものである。「所轄、本庁、機動隊。どこが受け持つのかね?まあ逃げたりしないから、落ち着いて」と、声を掛ける。
事情聴取も、もうこちらは目的を果たしている訳だから、紳士的に対応。
その後、任意同行を求められ、それにも即時に応じてやる。
久々の覆面パト乗車。後部座席に3人がけは狭かったが、牛込署まで以外に近かったので、まあ助かった。
その後は、取調室にて多少事情を聞かれるが、弁護士先生や仲間に電話を掛けまくって時間を潰す事に、まあ逮捕要件が成立しないので、18時15分解放。
TS3B0164030019.JPG
その後、乃木会館で行われていた「維新公論会議」に参加し(体調が悪かったので、直会は不参加)22時帰宅。疲れがどっと出て、ブログの更新をしながら知らぬ内に寝てしまいました。
以上が、昨日の行動の詳細です。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
抗議活動 : comments (1) : -

お騒がせしました。無事釈放されております。

おはようございます。
昨日は任意同行中の中で急ぎUPしたので、説明が大分足りず、申し訳ありませんでした。また携帯の電池切れ、そして帰宅後知らない内に眠りについてしまい、報告が遅れ申し訳有りません。
心配して下さった方も沢山居り、有難う御座います。
さて何が有ったのかという事ですが、それについては後程書かせて頂こうと思います。
080509_0953.JPG
まあ画像のように、またハンドマイクが割られました(>_<)
※昨日の高速出口の画像、イメージで有り、本物の車列では有りません。流石の私でも、車列を撮ってからでは、出遅れてしまいます。問い合わせが多かったので、お知らせまで。
さて、本日はみなとみらい、中華街、山手本通りを中心に仕事をするとしよう。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (2) : -

久々に拘束された。

TS3B0160028.JPGTS3B0162028.JPGTS3B0163029.JPG現在任意同行中なので、取り敢えず画像だけUPする。
首都高早稲田インターでの待ち伏せは、ビンゴで有った。
胡錦濤から7m、しっかり「内政干渉を許さん。チベット民族独立運動支持!」と!
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
抗議活動 : comments (40) : -

5月3日のUPを忘れていた。

5、3憲法を考える青年集会に参加。
TS3B0136024018.JPG
雨にもかかわらず、100名以上の同志が集まる。
体調が優れなかった私だが、しっかりと連帯のアピールはさせて頂いた。
その後デモに参加。
TS3B0140024016.JPG
TS3B0143024016.JPG
※信号をいじくっていた。
TS3B0138024.JPG
残念ながら、渋谷でのマラソン演説会には参加せず、定例街宣の為新宿東口へ向かう。
なぜかこの日は、民族の意志同盟の方々を前にしての街宣となる。
一番手は戦線復帰したばかりの文吾君。てっきり、私の体調を気遣い、長く話してくれると思っていたが、何と5分ももたず終了。まるで私に引導を渡すようなもの『マジかよ』と思いながら、初めて話す新井君にマイクを渡す。
TS3B0150026016.JPG
とどうだろう、私の『話せるかなあ?』という危惧は水泡と化し、自らの訴えをしかり噛み締めながら話してくれた。初めての街宣にしては上出来だ。
そして出来ればマイクを持ちたく無かった私が三番手。
5.3hariya.jpg
民族の意志の森垣委員長も聞いている中で有ったので、気力を振り絞って、ざっと20分程訴えをさせて貰った。支離滅裂にはならなかったようなので、良かった限り。
そこに新風の鈴木信行同志が駆け付けてくれ、お陰さまで格好がついた次第だ。
TS3B0152026015.JPG
この後定例会という事で、取り合えず早目の切り上げに、
そして、民族の意志同盟の街宣を少し見せて貰う事に、
TS3B0153026.JPG
いやー聞いてはいたが凄いパフォーマーだ。我々では、あれ程民衆を引き付けられない。スタイルが違うとはいえ脱帽である。いい勉強になった。村田文吾君たち若い人には、本当にいい勉強であろう。時間が無く、森垣秀介委員長の街宣が聞けなかったのが、残念であったが。今度こっそり御茶ノ水に見学に行くことにしよう。
さてその後は、神奈川県委員会の定例会とは名ばかりな「飲み会」を開催。わざわざ新宿から横浜へ移動し、総勢20名程で胡錦濤の話はどこへやら、楽しく飲んだ次第である。私は、日本酒ちょびりの積りが(体を芯から暖める日本酒は、今の私の体にあうようだ)ついつい飲み過ぎてしまい、帰宅後バッタンキューと眠りについたのは言うまでもなかった。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

抗議活動に関して

昨日、松本楼において抗議行動を取られた同志の皆さん、ご苦労さまでした。
我が軍は、羽田にて抗議を企画していましたがしっかり肩透かし、情報収集をしっかりやるべきだったと、反省して居ります。
さて、チベット民族独立運動支持の盛り上がりから、まるでサッカーワールドカップ時のサポーターの盛り上がりのように、まさに今までは画面の向こう側に居られた「一般の若者」も、今回の一連の抗議行動に立ち上がって、どんどん現場に出て来ているようです。
元々セクト主義にこだわらない私としては、どんな形の運動であろうと、若者が自ら行動する事は大歓迎。常日頃から「我々と一緒に行動を共にしなくてもいい。どんな形でも、家族の為、国の為に何か行動を起こして下さい」と訴えて来た私としては、非常に喜ばしい限りです。
私のような中年が、いつまでも現場に出て抗議をしているのではダメダメ、やはり抗議や活動の中心には、若者が居なくてはいけません。
さて、そんな良き傾向を見守っている私ですが、ここで一つ、そんな若者達に注意をして置こうと思います。(とはいえ、その中にこのブログを見ている人が居るのかどうかは?ですが)
今回の一連の流れで、抗議活動の現場に出て来た人達に注意喚起をして置きたい。
長野の聖火リレーの時(あんなのは警備とは言わない)とは違い、今回の警備の陣容は、何時でも逮捕、拘束出来る体制を敷いている。所謂抗議活動、集団的示威行動や集会というのは、公安条例で規制されており、警察サイドが取締ろうと思えば、いつでも取り締まれる状況下に置かれている。我々右翼、民族派の活動家は、その辺の事は重々承知して活動して居り、最悪の場合、逮捕も有り得る事を自ら理解している。その辺の、グレーゾーンとでも呼べる空間を、経験、活動歴の長さでカバーし、有効的かつ合法的な抗議行動を、展開するように努めている訳である。
さて、フリーチベットを叫び、抗議に参加されている皆さんはどうでしょう?長野に行かれた方々は見ている筈!警察とは、決して我々国民の味方では無く、国家権力の番犬だという事を。抗議に参加される皆さんは、警察は守ってくれる存在では無く、敵側なのだという事を理解しなければいけない。
皆さんは「自分達は一市民、逮捕される筈など無い!」などと、軽く思っているかも知れない。対国際社会との関係から、彼ら権力が認めれる範囲での、多少のガス抜き的抗議は認められよう。しかしそれにいい気になり、やり過ぎてしまったら、皆さんは全てを失うハメになる。会社もクビになり、家族に迷惑をかけ、そして右翼というレッテルを貼られ、取り返しがつかない状態を迎える事になってしまうのだ。
『僕らはウヨでは無い!』と言うかも知れない。しかし右翼と市民団体の区別をしているのは、飽くまでも公安警察の判断で有り、その発表にマスコミは追従している。=警察の都合により「自称右翼○○」とかにされてしまう訳だ。何か事有る毎に、右翼とレッテルを貼るのが警察の常套手段である。我々も、民族派団体と冠しているにも関わらず、何か有ればいつも、右翼団体と冠されてしまう。『僕らは市民団体だ!』と抗議しても、警察の許容範囲を越えてしまうと、やはり扱いは同じであろう。
サッカーのサポーターとは違い、全て自らに反ってくる事になるという事だけは十分に理解しておいて欲しい。呉々もその事を忘れることなく、自らの責任と自覚の下で、がんばって抗議活動を行って貰いたいものである。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

胡錦濤来日、中国の内政干渉を許すな!

本日、中華人民共和国主席の胡錦濤が、こともあろうに国賓として、我が国を訪れている。
日程を見る限り、属国化大歓迎しかりとした福田康夫政権の意図が見え隠れする内容。勿論そこには、あの創価学会の池田大作もしっかりと一枚噛んでいる。
国際社会の情勢は、謀略性、戦術論は抜きにして、チベット民族問題で火が付き、8月の北京オリンピックの開会式をボイコットしようという流れに傾いており、中国包囲網ともいえる流れになっている。そんな中で、なんとこの福田売国政権は、畏れ多い事に、
天皇陛下、御皇室
を政治利用しようとしているのである。
有史よりの自然との共生を祭祀を中心として実践してきた、世界平和の中心的存在になるべき御皇室が、逆に自らの政治生命頼りの売国奴共に、大中華思想ともいえる考えのもとに、覇権国家として侵略主義を実践している中華人民共和国のような国に差し出され、国際政治上で利用されようとしている。この事、断じて許すまじきである。
神国日本の神々の力にて、宮中晩餐会で親ブッシュのようになる事ではあろうが、今回の福田康夫内閣の行ないは、断じて許せるものではない。
長野の聖火、そして今回の胡の来日日程。まるで我が国が中国の属国なのだと、世界にわざわざ表明しているようである。
こんな情けない外交を続けているようだと、まさしく私が心配しているところの、米中二大国による、我が祖国日本の管理体制という最悪なシナリオが現実味を帯びて来てしまうのではないか。
今回の胡錦濤来日、日本のチベット化への第一歩になりかねない。私は、その意味からも、抑圧されるチベット人、ウイグル人、モンゴル人、そして法輪功などの活動の支援と、我が国に対する内政干渉を許さない意味で、この胡錦濤来日に対し、断固とした反中国運動をしていきたいと思っている。
歓迎ムード作りに躍起になっている福田康夫は、我が国の首相であるならば、しっかりと長野の聖火での中国人留学生の犯罪に対して、遺憾の意を表明するべきなのである。あの、長年中国の属国として存在してきた韓国ですら、それ位はしているのであるから。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

言論の自由というまやかし

映画ヤスクニの事では、あれ程騒ぎ立てる良識派を気取ったマスコミ。しかし自分達の立場を危くしかねない話題に対しては、政府や第3国の立場を「配慮」してか、なんら真実を伝える報道をしない。
昔から私が言っているように、この国には、制限された言論の自由しか存在しないのである。
私がこう言うと『そんな事は無い、これが中国を始めとした国なら、何も発言出来ない。発言は死を意味する。日本には言論の自由が有る。だから幸せだ。その為に何でも話せるように、靖国神社も例外にしてはいけない。』と言われる方がいたりする。
このような意見を聞く度に、私はいつも非常に悲しくなる。
俗にいう言論の自由と俗にいう治安警察。この二つの概念は非常に似ているように思う。何事も無い時なら、市民生活をしっかり守ってくれる治安警察。しかし事が、国際関係、政治、公安担当になると、これらは何も機能しない。あの北鮮による拉致においても、石川県警など、見て見ぬ振りをしなければいけなかった程だ。(今でも体質は変わっていない)治安警察権には、制限が有ると言えるだろう。
同じように言論の自由と言われるもの、私はこれも制限されたものだと思っている。(※治安警察、そして言論の自由とも、一般市民が信じている限りの上では、私もしかり、同じように認め、普段の生活という次元では、信じている)先の長野の聖火リレー、あれ一つを見ても、我々日本人が思っていた『韓国より日本の方が、言論の自由が有る』という概念は覆されてしまったのでは無いだろうか。
韓国においては言論の自由しかりと、中国人留学生による暴行が、あからさまに報道された。しかし我が国においてはどうであったか?
実際には韓国同様、中国人留学生による、一般市民、警官に対する暴行は行われていたのにも関わらず、それらをしっかりと流した、テレビ局が有ったであろうか?体調を壊し現地入りを断念した私は「ならばテレビでしっかり観てやろうと」各局の放送を、終始見届けた積もりだが、韓国のような報道画像を一度も観る事は無かった。
しかし、現場に行った者の話を聞くと、これがまるっきり様相が違う。韓国同様、暴行は有ったのである。それも至る所で!
『オイ、この国は中国の属国になっちまったのか!?』
→続きは後ほど時間を作って書きたいと思う。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

デモ→定例街宣→定例会。今日は忙しくなりそうだ。

本日は正午より、渋谷宮下公園にて「第9回憲法を考える青年集会」に参加する。
天候はいまいち気掛かりで有るが、私が参加するデモで雨は殆ど皆無。気がのらない時以外は、降水確率がどれだけ高かろうが、いつも自然と雨は上がっている。昨日もA君から「明日は降水確率が70%ですが、雨天の場合はやるんですか?」と問い合わせが有った。が「雨天決行だね、でも大丈夫、私が行く気になっている時は降らないよ」と答えておいた。果たして晴れ男の面目は如何に?
さてデモが終了したら、時間的に間に合いそうなので定例街宣。そしてその後横浜に戻り、定例会と言えば耳障りがいいが、大人数で懇親会しかり、今月の飲み会である。体調悪い私は、日本酒をちょびりで終わりだろうが、懐かしい仲間がまた参加してくれそうなので、楽しみである。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

イベントのお知らせ

「緊急決定!報道されなかった長野聖火リレーの裏側」
 mixiで「世界最低の国、日本」と題された4/27付の日記に、いま多くのコメントが寄せられています。
 4/26、長野聖火リレーが行われる中、フリーチベットを訴える多くの人々が街中で声をあげていました。
しかし、警察はチベット支援者の沿道侵入を阻止し、チベット支援者への中国人の暴行・蛮行を黙認しつづけました。
 「歓迎ムード」と伝える報道では押し隠された長野聖火リレーの真実。
 聖火リレー当日の模様を撮影・公表した出演者が、この日、生の言葉で語ります。

【出演】アリ@freetibet
【ゲスト】針谷大輔(統一戦線義勇軍議長)、他

OPEN 18:30 / START 19:30
¥1,000(当日のみ)

上記イベントに、なぜか登壇することとなった。
私はmixiはやっていないので、知り合いに見せて貰ったのだが、何やら楽しそう?な内容。私が右翼民族派側から聞いている内容(「俺たちが居なかったら、一般人は中国野郎にやられてましたよ」)と合わせると、中々面白いトークライブになりそうである。
私も出演を楽しみにしている。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

男たちの国防論vol9

200804301934000003.JPG昨日の阿佐ヶ谷ロフトAでの男たちの国防論vol9だが、入りは『まあこんなものかな』という感じ。
今回は特に、まるっきり宣伝をしないでのものだっただけに『まさか誰も、、、』などとも思っていたが、ロフトの案内、私のブログ、街宣でのビラだけで、よくご観覧に来て頂けたと思う。まあお客さんも、企画担当の吉岡君曰く『ギリギリセーフ』で良かった限り。
さて内容だが、題名がアバウト過ぎたにも関わらず、中々いい話が出来たように思う。
ロフトの平野さんが加わってくれたり、質問してくれたりしたので、非常に盛り上がりもあった。
ただ、DVDを観て頂ければ分かるが、なぜか大行社の丸川本部長の話の後だけ、会場からの拍手が沢山あった。大行社の動員は無かっただけに、ちょっと焼き餅を妬いてしまうなぁ(笑)まあそれだけ、話が良かったんですがね。
昨日登壇して下さった。福田邦宏さん、丸川仁さん、横山孝平さん、鈴木信行さん、本当にありがとうございました。
ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -
最終更新
コメント
カテゴリー
まとめ
プロフィール
統一戦線義勇軍 機関紙
  • 緑旗
    (統一戦線義勇軍 中央委員会通信)
  • 義勇軍報
    (統一戦線義勇軍 中央機関紙)