統一戦線義勇軍
統一戦線義勇軍 議長 針谷大輔のブログ

<< 2010/10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

APEC抗議活動前夜祭のお知らせ(11月6日於:横浜みなとみらい)

来る11月7日(日)より14日(日)まで、APECの本格会議が、横浜みなとみらいのパシフィコで開催されます。
10.11が閣僚級会合、13.14が首脳級会合ですが、7日から実務会合が始まります。
尽きましてはAPEC前日という事で、研修勉強会として、APECが開催される横浜みなとみらいパシフィコ近くの会場にて、国防塾も含めた研修勉強会を、午後3時頃から開催したいと思います。
またその後は、みなとみらいに於いて、APEC抗議活動前夜祭として、飲み会を開催したく思います。
飲み会終了後は、有志によりAPECの警備見学会を催し、機動隊の皆さんにお仕事を提供したいとも思っていますので、面白い動画など撮りたい方もこぞって参加下さい。
(飲み会だけの参加も大歓迎です)

下記要項にて開催しますが、場所に関しては、当局の圧力が掛かる事が予想されますので、取りあえず直近まで秘匿させて頂きます。
両会場とも、最寄り駅はみなとみらい線のみなとみらい駅になります。

昼の部
第2回針谷大輔の国防塾。
11月6日(土)午後3時から午後6時を予定。
会場費1000円(飲み物付)
※動画のUPは予定して居りません。

夜の部
APEC抗議活動前夜祭飲み会。
午後7時より
会費3500円

※定員が有りますので下記へ連絡をお願い致します。

電話
045ー353ー3083
メール
hariya@giyuugun.jp


ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
連絡的な事 : comments (147) : -

あーあ、仙谷ちゃん、折角自らの先の読めないおツムで国益!」なんて考えたのに、言わんこっちゃない(笑)

APRC開催の為と(国際社会における日本の面子かな)、御先真っ暗な分析能力で中国船長を解放した官房長官殿だが、ありゃりゃ、中国国内の状況は、我々の読み通りにどんどん反政府デモに発展、チベットでは大規模暴動が起こっているというし、この抑圧された人民の不満は、中国の歴史を紐解くのと同様、現体制打破まで向かうのであろうか!?

こんな状況下では、普通に考えたら胡錦壽の来日、APEC参加は困難といえるであろう。(面子的には、どんな手段を使ってでも参加しようと試みるだろうが、天安門のような弾圧をしたくとも、主流派、反主流派共に相手を信用し切れず、大ナタを振るう事は致命傷になりかねないと深慮して、第二の天安門的弾圧は出来ない事であろう)
権力闘争により、大弾圧をし切れない状況下にある事から、このまま中国共産党政権の崩壊まで進む可能性まで見えて来た。
今こそ、「中共政権打倒!漢民族も含めた人民を解放せよ!」と、文化的攘夷戦を遂行する時といえよう!

攘夷とは、排外主義に非ず!
八紘為宇の強い表現、邪(よこしま)なモノを打つということだ!
邪まなもの、まさしくそれは中国共産党政権である!

さてさて仙ちゃん、胡錦壽はどうやら参加したくても出来そうにないじゃないかね。
そうそうそれと仙ちゃん、もう一つ教えてあげよう。
菅内閣の御主人さまであるアメリカの、バラクオバマ君もどうやら来日出来そうにないらしいよ。
我々に入って来た情報によると、来日中にドルの崩壊が起きたらひとたまりも無いから、どうやら参加出来ない理由を捏造する方向へと向かっているとの事だから、教えといてあげよう。

仙ちゃん、御主人さまに言われて船長を釈放しても、結局貴方は後世の人々から、売国奴の烙印を押されるようですね。貴方の立場、状況は我々は分かっているが、先に書いたように、貴方が「国益の為」と思った事は、本当にピントが外れてしまっているので、徒労に終わって逆に失策となってしまったようですよ。
そうそう、だからと言って、これ以上日本を売らないで下さいね!
困った時は連絡くれたら、いつでも私が先を読み指南してあげますから(笑)


ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
時事、二言三言 : comments (261) : -

文化的攘夷戦に勝利せよ!

私は、今後のアジアにおける我々の闘いを、文化的攘夷戦と位置付ける事とした。
これはアジアにおける対中華思想だけで無く、西洋合理主義の超克という戦いとも関連する事だが、地球規模の環境破壊、人類滅亡へのカウントダウンが始まった現代にこそ、まさに我々日本の文化を世界に対して輸出し、ひろめる必要が有るといえよう。
財布を拾えば貰って当たり前、目の前に大金が有り奪う事が容易い場合は、人生最大のチャンスと、備えない、油断するものが悪いと、それを奪う事に正当性を平然と見出だす中華主義。このような考えは、和を重んじ困っている人が居たら助け合う、教育勅語に書かれている相互扶助を大切にする我々日本人の考えとは、決して合間見える事が出来ない考えである!
今こそ我々は、天孫せし日本人としての使命、世界に平和をもたらす民族としての責任を遂行する為に、文化的攘夷戦を闘い勝利しなければならないのである。
先ず亜細亜における我々の使命は、中国共産党政権から、中国人民を救う事、五族協和を打ち立てる事である。
我々の、対支那闘争の主眼はこの「中共政権打倒!中国人民の解放」 をスローガンとする事が、文化的攘夷戦の遂行といえよう!
日本に居る中国人(漢民族も勿論)を神国日本の文化的力によって、和の精神を浸食させ、真人間に生まれ変わらせろ!
文化的攘夷戦での勝利こそ、我が国の未来が広がる事を、今こそ思い起こさなければいけないのだ!

ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
方針 : comments (1) : -

我が闘争、主戦場はネット上に非ず。

自宅にてパソコンに向かいチェックなど出来る環境にないので、頂いているコメント等に対する返事等は「私が正しい、私達のいう事が正義」的な、生理的に自分が一番嫌いな部類の方は、スルーさせて頂きます。
鏡でも見て、自分の姿でも観察して下さい。
現実の軍事、外交、その他モロモロから見たら、余りにも掛け離れていて滑稽にしか見えません。
因みに、今この国の政治屋で、一番国益を考えて動いている積もりなのは、面白い事に、官房長官の仙谷だと思いますよ。
何で私がそんな変な事をいうのか、それ位分かる方が、ネットの世界の方々の中にもいる事でしょう。
とはいえ仙谷は、ピントと方位がズレているのも知らず、本当の国益を反映していないので、彼も滑稽にしか映りませんがね。
尖閣を守るとは、武力紛争を覚悟して、戦争準備をするしかない。という事は、分かってはいるようですが。本末転倒に陥る事でしょう。

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
ネットからの人へ : comments (165) : -

中国国内の反日デモをどう分析するか?

中国の国内事情を研究している方なら御存知な事だが、現在中国は、共産主義とは名ばかりの未曽有の格差社会が作り出されている。
それも簡単に言えば、沿海部と内陸部の恐ろしい程の格差が生まれ、現胡錦涛政権は国の歴史的な革命の必然とも呼べる、内陸部から燎原の火のように起こる暴動を一番警戒している訳である。
さてさて、今回の反日デモ、いつもの官製デモなら、沿海部や東北部を使うのに、なぜ内陸部でばかり起きているのであろうか?
普通に分析するなら、国内権力闘争の一環として、江沢民派が、胡政権の弱点を突いたと考えるのが妥当であろう。
とはいえこれは両刃の剣、下手をすればその思惑を遥かに越え、黄巾党然りと、反政府運動へと流れ込んでしまうかも知れない危険性を孕んでいるともいえる。
さてさて、ここで面白い話をある方から聞かされた。とあるヨーロッパ系の特派員(よく情報機関がカバーで使う)が「日本の人種差別主義者は(排外主義の事であろう)は、中国の反主流派の指示で動いているのではないか」「日本の人種差別主義者の映像を見せ、彼らが反政府暴動に向かわさないように、反日に向かわせてコントロールしている」と、述べていたそうである。
この件に関してはまるっきり裏取りはしていないし(私が出来る範疇にない)まして、ディスインフォーメーションか中国側の故意のリーク、彼が協力者から得た情報かは定かでは無いが、ただ言える事は、国際社会の情報関係者から見た時、我が国における排外主義が、中国側の工作と映るという事実があるという事だ。
以前から中心的な一人に「彼等を利するからやめた方がいいと」助言は与えて来た。もし上記内容が真実なら、これ程のパラドックスがあろうか!?彼は外国のエージェントでは決して無いのにだ。
短絡的な排外主義を謳う人達に言いたい。
嬉しがらせに危機を煽り、視界を狭めるのではなく、今こそ日本の和の精神を全面に出し「国は憎めど、人は憎まず」と、正気に戻って貰いたいと思う。
現在君達が取っている行動は、日本人的なもので無く、奴らと同じ、中華思想的なものとしかいいようが無い!
戦前、通州で奴ら中国野郎は我が同胞を残虐非道に虐殺した。
とはいえ我が日本軍は、南京でその復讐を図ったりしてはいない。
中華思想に対して、日本人の矜持を持って臨んだからこそ、南京虐殺を認める西洋の知識人はいないのである。
我が国の国益を損なっている事を、一日でも早く気がついて欲しい限りである。

※因みに、私の分析がいい線を行っているなら、反日デモは取り締まりが強化されて当局は火消しに動く事になろう。
ただ先に言ったように、両刃の剣を抜いてしまった事を、江派は後悔する事になるかも知れないが…。


ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
時事的な事 : comments (159) : -

日本人の恥。

山口祐二郎情宣局長のブログ(http://yamaguchiyujiro.seesaa.net/)に、良き文を発見したので、紹介して置きます。

題名は「俺の思い」

彼の良さが出ている、いい文だと思います。

山口君にはいつも、期待と心配の両方をしている私ですが、こういう文が書けるなら一安心です。

後は個人的に捉えず、もっと大きな日本人全体の目として、この問題に取りくんで欲しいと思います。

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
時事、二言三言 : comments (1) : -

本日10月20日は、故野村秋介先生の命日である。我々民族派は、野村先生の生き様を決して忘れてはならない!合掌。

排外主義がはびこり、故野村先生まで平然と反日左翼呼ばわりしていると聞いた。
私は珍しく怒りという言葉をいま覚えている!
在日だ、支那の脅威だ、日本の為に立ち上がれ、とか煽っていながら、未だに誰一人として体をかけようとしない輩が、事もあろうに野村先生を反日左翼だと!
先駆者に対して、祖国の為に体を賭けて生きた先生に対して、例えネット上であろうが決して言ってはいけない言葉である。
私は先生の命日に「野村先生なら、現在はびこっている恥知らずな排外主義をどうみるか」を考えてみた。
やはり先生ならば彼らの前に立ちはだかり「君たち、安全圏から人を差別などするな。陛下の大御心に逆らうな」と言われる事であろうと。
私は、国益を損ない、陛下の大御心に反する排外主義には、断固とした態度を取る事を、故野村秋介先生と約束したいと思う。
今後は彼らを守る事はしない。
彼等に差別されている、彼等がいうところの在日(私はともに日本を愛する同胞と思っている)の連中から、何度か「針谷さんは関係有るんですか、シメちゃまずいですか?」と聞かれた事が有るが、これからは「どうぞ」と答える事にする。

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
想い : - : -

この5年間は無理をし過ぎた。消耗が激しく、疲れがまるっきり取れない。情けない限り。

タクシーの運転手は寝るのも仕事と言われている。
朝から翌朝まで仕事し、そして明け番で夕方まで自宅で睡眠。そしてまた夜寝て、次の日はまた朝から翌朝まで仕事というサイクルだ。
とはいえ私は、明け番で小一時間仮眠、その日の夜も終電で帰宅し、翌朝仕事という生活を繰り返して来た。
こと今になって、完全に身体がボイコット、昨晩も20時に少し横にと思ったら、起きたら明るくなっていた(汗)
同志の皆さん、済みませんが当分無理は出来そうに有りません。
さてさて情けない話はこの辺にして、少し面白い話を書いて置こう。
ネットの有名人で「おつるさん」という方がいるが、その人が川西市議選に立候補して少々話題になっていた。
ネット関係の人から「なんでおつるだけ捕まらないんですか?」「おつる川西市議選に出るらしいので、関西管区委員会に落選運動して貰って下さい」とか言われていたのだが、実は川西市を地元とし、経営者としてもそれなりの立場を持つ永野委員長「鶴姫さんですか、応援してますわ。まわりに声掛けバンバンしてます」と、100票まではいかないだろうが、それに近い票はまとめたようである。
まあ今日その選挙結果をネットの人から聞いたが、やはり永野委員長が応援したからか、可哀想におつるさん(笑)
ネットの方に落選理由の裏話を疲労して(ありゃ)披露して、少しは笑っていただけたらと思う。
そうそう徳島は仙石の選挙区、彼らは官房長官にはゴマはするものである。

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
戯言 : - : -

中共政権崩壊の始まりか!?

中国国内の反日デモ、この本質をしっかりとわきまえなければいけない。
内政の失策を外に向かわすように、国内の権力闘争を外交に転換して巻き返す事は、特に前例(対日戦を利した)が有る中国ではお家芸、まさしく現在がその戦術の時期なのであろう。
「易姓革命」然り!
中国は三国志の頃から変わっていないと見るのはどうであろうか。
あれ程の人が済む中、一部の金持ちが生まれ大半の人民(あえて)が貧困に苦しむ中、軍閥が復活し、内部闘争が激化する兆しが見えて来た。
反日デモは、それらの不満のはけ口として利用されている部分も有るが、今回に限っては、そのまま本質で有る「格差社会」への怒りとして火がつくのではないか!?
そんな中国の国内状況下で、胡錦濤政権を相手に如何に平和を唱えても(約束させても)いつ反故にされるか分からない。全く無意味な事。
先にも書いたが、我が国の国益を考えたならば、国策として、軍事的衝突を覚悟した政策を矢継ぎ早に打つ必要が有るであろう。
また国内においては、将来的に国際社会での立場を鑑みて、短絡的な排外主義はしっかりと取り締まる必要があろう。
(この排外主義の裏には、××××の臭いがプンプン。資金はなぜかハム長から出ているらしい)
国益をしっかりと考えれば、誰でも分かる事。
中国の国内問題とは、いかにも英国的工作の成果に見える。
将来的には、第二満州国とも呼べる、中国東北部の独立まで行くかも知れない??
その時の利権構造と、その中国人の指導者は果たして!?
この流れに沖縄が巻き込まれないようにと、日本の政治を司る自覚を持つ方々に、警鐘を鳴らしておく。

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
時事、二言三言 : comments (171) : -

昨日の男たちの国防論は、盛況でした。

2010101219男たちの国防論19.jpg

昨日の男たちの国防論は、非常にいい話が沢山聞けた。
いつもなら、自らの主張もしっかり織り交ぜながら司会進行を進める所だが、昨晩は時の人とも言える一水会木村代表と元韓国空軍大佐である親日家の崔三然先生の登壇という事で、完全に司会進行役に徹して、私も色々と勉強をさせて頂いた。

木村代表には、尖閣諸島周辺も含めた日中漁業協定の話や、その他表に余り出て来ない話をして頂き、非常に勉強になったと共に、我々が危惧しているAPEC等を利用した沖縄分離独立策動に注意しなければならない的な話までして頂き、非常に意義深き内容であった。
また崔先生には、母国韓国での自らの立場をかえりみない日本への思慕とも呼べる熱烈な親日観をお話しして頂き、私は勿論の事、会場の皆さんも非常に恐縮してしまった程であった。
崔先生の話を聞いていると、我々日本人とはどこまで平和ボケをしてしまっているのか!日本人としての誇りはどうした!日本こそが世界を救える唯一普遍の存在なのだと!まるで暗示に掛けられたみたいに、今の自分を恥ずかしく思い、そして本物の日本人としてしっかりしなければと思ったのは、私だけではなかったのではないかと思う。

昨晩の男たちの国防論の模様は、ロフトチャンネルで今後観れるそうなので、生の迫力とは行かないでしょうが、会場で私達が感じた「恥ずかしさ」や「感謝の念」ともいえる想いを少しでも感じて頂けたらと思います。

木村代表、崔先生昨晩は本当にありがとうございました。


ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
男たちの国防論 : comments (160) : -

本日の男たちの国防論は、ロフトのネット中継が有ります。

[ロフトの案内より]

10/12 男たちの国防論「守れ!尖閣諸島」をネット中継!
尖閣諸島問題が注目を集めるいま、我々は何をすべきなのか。中共の侵略を防ぐにはどうすれば良いのか!? 憂国の男たちのトークライブをUstreamとニコ生で中継!

中継URL
●Ustream(LOFTch)
http://www.ustream.tv/channel/loftch
●ニコニコ生放送(ニコニコ動画へのログインが必要です)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv28950740


男たちの国防論vol19
日時:平成22年10月12日(火)
場所:新宿ネイキッドロフト
18:30開場。19:00開始。
演題「守れ!尖閣諸島」
中共の侵略を防ぐにはどうすれば良いのか!?
戦前、我々の先人達は国を守る為に戦い散って行った。
現在、この国ではGHQの日本弱体化政策により、若さという特権を放棄した20代の若者を中心に自分主義がはびこり、自国の領土が犯されても、怒りすら感じ無い者が存在する。
今回、日本政府は国の体をなさない致命的な愚行を行った!中華思想(備えない、盗られる奴が悪い)を考えると、尖閣諸島に対する侵略の手は急加速する事は間違いないであろう。
果たしていま、我々国を憂える愛国者は何をすべきなのか!!
いま注目を集めるお二人を迎えて、国防の本質「領土防衛」を考えるトークライブを開催する。
[登壇者]
木村 三浩(一水会代表)
[ゲスト]
崔 三 然(元韓国空軍大佐、韓国士官学校名誉教授)
産経のインタビュー記事
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100828/plc1008280701006-n1.htm
新宿ネイキッドロフト           
東京都新宿区百人町 1-5-1百人町ビル 1F
TEL:03-3205-1556 OPEN18:30

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
男たちの国防論 : comments (151) : -

目覚まし、着信音、それすら邪魔にならない。疲労困憊

昨日は珍しく夕方から時間が取れた。
『よし、手紙、原稿、ブログetc、やり損ねている事やるぞ』と思っていたのだが『頭が痛い、小一時間横になってからやる』と、目覚ましはスヌーズ付で最高音にセット、しかし起きたら暗いはずの外は明るくなり、また何も出来ず終いになってしまった。
嫁は何度も起こしたそうだが、ピクリとも動かなかったらしい。気だけは昔の積もりでいるが、やはり体力はついて来ないようである。以前のような、まるでスーパーマンみたいな私には、もう二度と戻れないのであろう。
そうそう、お陰様で母は術後の経過も良好、我が家で療養して居ります。
御見舞いを下さった方々のお陰で、何とか退院時会計が出来ました。会計しないと退院させてくれなかっただけに、本当に助かりました。この場でもう一度「ありがとうございます」とお礼を述べさせて頂きたく思います。
さてさて、今日も頑張って仕事しなくてはだ。神奈川県の最低賃金ギリギリでも、働かざるもの食うべからずだ。

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
戯言 : comments (157) : -

ブログの更新まで時間が回らない。

同志達とは、会えば今後の分析とかを話してあげたりしているのだが、流石にブログにまで書いている時間は現在の私にはない。
いまのように、携帯から難なくアクセス出来れば、電車で移動中とかの時間を利用して書くのだが、少しブログを書くと、またアクセス出来なくなったりと、早く改善されないとままならない。
取りあえず簡単に書いて置く。

中国の経済的非協力→米国内の保守派台頭→米中対立軸へ→国連総会での首脳会談による密約→米中対立軸の一時棚上げ→日本への圧力→中国の経済的譲歩→米国経済回復への幻→米中協力の破綻→米中対立軸へと、流れて行く事であろう。
この間、米国内の権力闘争と中共内の権力闘争というファクターが加味され、我が国は振り回される事になる。
第一回国防塾で言った事を思い出してくれたら、分かる事であろう。

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
連絡的な事 : comments (7) : -

土佐高知に行って来ました。

先程無事に羽田空港に到着しました。
電池が無いので、本日高知県準備委員会の立ち上げを記念して街宣に行った画像だけUPして置きます。

101002_1114~新高知駐屯地.jpg
流石に地方の自衛官は、わざわざ官舎の窓まで開けて、良く聞いてくれていました。

101002_1114~50連隊.jpg

※20年振りに会った友人には、車まで出して付き合って貰い、感謝感謝です。(彼は準備委員会とは関係有りません)

準備委員会委員長のA同志は、非常に真面目な青年で、心より今後の活躍を期待するものであります。


ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
連絡的な事 : comments (4) : -
最終更新
コメント
カテゴリー
まとめ
プロフィール
統一戦線義勇軍 機関紙
  • 緑旗
    (統一戦線義勇軍 中央委員会通信)
  • 義勇軍報
    (統一戦線義勇軍 中央機関紙)