統一戦線義勇軍
統一戦線義勇軍 議長 針谷大輔のブログ

<< 2009/02 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

昨日の男たちの国防論は、大盛況でした。

動員をかけず開催して来ている「男たちの国防論」、毎回毎回人の入りを心配しながらの開催であるが、今回は急遽、ロフト側からの通達(お客さんが入らないのは困るんですが)により、数日前に近い人達に声掛けをする事になった。その甲斐有ってか、画像のように、昨日の男たちの国防論VOL13は中々の盛況。取り敢えず面目は保てたようである。
※犬塚先生には、「遠慮しないでしっかり声掛けろよ」とお言葉を掛けて頂き、お忙しい中わざわざ足を運んで下さり、本当に感謝に耐えない限りである。
090225_2139~01.男たちの国防論13
内容的には、演題を「軍とクーデター」という、非常に難しいものにしてしまったのは失敗であった。なぜかと言えば、軍隊も戦争も知らない戦後世代の我々に取って、その本質を知るのは難しい事であり、語る事自体が、説得力に欠ける事になるからである。
ただ、元海上自衛隊3佐である高城氏から、自衛隊の現状などが聞くことが出来て、勉強になった次第だ。
また舟川、丸川の両先輩には、いつも本当に助けて頂いている。感謝に耐えない。
忙しい中遅れて来てくれた木村代表にも、感謝感謝。
フィボのママもありがとうございました。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

私用でデモに参加しませんでした。

横浜の有志の方々が集まる集会だったので、本日は参加する気でいたのだが、不況の波に洗われている身、野暮用で急遽デモに参加出来なくなってしまった。
清和、倉科の二人の同志は予定通り参加。
送られて来た画像をUPして置く事にする。
本日竹島奪還集会の呼びかけ人の皆さん、結集された同志の皆様、本当にお疲れ様でした。
KC380025004.JPG
P1000188.JPG
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (1) : -

今日は竹島の日

本日は竹島の日で有る。という事で、同じ神奈川の先輩、同友諸氏が主催する、神奈川有志の会のデモに参加しようと思う。
さて昨日の定例街宣だが、やはり山口同志、私とも体調イマイチで有った事から、街宣もいまいち街行く人の足を止めれなかった。
花粉が飛ぶ季節は、ちょっと辛いものである。
TS3B0508風景.JPG
TS3B0507山口.JPG
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (1) : -

今日は新宿定例街宣。

私も山口同志も体調いまいちであるが、本日も定例街宣は予定通り、いつものように、午後3時ちょい過ぎから開始する予定。
わざわざ聴きに来てくれる一般の方が大分いるようなので、これからはなるべく空けずに実施したいと思う。我が家の家計がどうなろうが、これも役目、仕方無いのであろう。
そうそう先週の街宣を書いていなかった。
先週14日は、世間様はバレンタインデーを謳歌?している中『今日は独りだな、しっかりやるか』と気持ちを引締め街宣を開始。
すると先ずは中野ジローさんが合流、それから私のブログを見て『一人なら行ってやるかな』という優しさからであろう。富士登山隊の盟友でもある大行社の丸川本部長、小針相模支部長等が、まほろば演説会(※毎週土曜日午後1時から、俗にいう「ガンちゃん」荒岩君が中心に渋谷にて展開している街宣活動。私も時間を作ってたまには行かなければ、と思いつつ、行けていない次第(汗))の後に駆け付けてくれた。
その後国の子評論の横山代表、敬天新聞の関口氏(先週に続き聴きに来てくれたようだ)まほろば演説会の荒岩君などが来て下さり。なぜか妙に賑やかな演説会となった。
それにしても小針さんは上手過ぎる。私はこの歳でまだ絶叫系?なのに、小針氏は落ち着いた雰囲気で、諭すように語り掛け、本当に恐れ入る。地元横浜の後輩筋に当たるのに、先輩として冷や汗ものだ(>_<)
TS3B0499小針氏.JPG
(解りやすく、諭すように聴衆に語り掛ける、小針氏)
さて、準備して用事を済ませに行くとしよう。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (2) : -

サンデー毎日の柔軟さを、この先新潮も見習えと、警告して置く!

~TS3B0503.JPG
先週号のサンデー毎日に、誤謬が有った事は先に述べた通り。
編集のA氏が真摯に対応して下さり、約束通りに画像の通り今週号に訂正文が載っていた。
~TS3B0504.JPG
何かと素直に訂正せず、ごちゃごちゃ言いながらはぐらかす週刊誌が多いが、今回のサンデー毎日のように対応してくれれば、こちらも素直に収まりが着くもの。さて今後の新潮の対応もこう有って欲しいものであるが、如何に?腹の収まりが着かないような、対応だけは止めるように忠告して置きたいものである。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (5) : -

再掲「男たちの国防論vol13」のご案内

針谷大輔が斬る!! 「男たちの国防論」 Vol.13案内

日時:平成21年2月25日(水)
18:30開場。19:00開始。
場所:新宿ネイキッドロフト

「軍とクーデター」
―226事件を考える―

クーデターと聞くと、過剰な拒否反応を示す日本人。革命と聞けば、その過剰な拒否反応はどこへやらと飛んで行ってしまう。
同じように、軍隊と聞くと拒否反応を示す日本人。『自衛隊ならば…』と、大半の国民は必要性を唱える。
果たして、こんなのでいいのか!?
73年前の決起前夜、昭和維新断行を掲げ、変革を試みた彼ら青年将校達はどんな想いだったのか?
彼らの憂国の情に想いを馳せ、軍とは一体、維新とはクーデターとは何なのかを、今こそ考える必要があるのではないか!?

登壇者
高 城 通 教  元海上自衛隊三佐
        防大第35期(国際関係論専攻)
        現職中は、主に情報戦に従事し、中堅情報将校として活躍される。
        現在は充電期間を経て、文筆家として活動中。
木 村 三 浩  一水会代表
舟 川 孝   大日本愛国党総隊長

新宿ネイキッドロフト
東京都新宿区百人町 1-5-1百人町ビル 1F
TEL:03-3205-1556
OPEN18:30
START19:00
¥1,500(+1ドリンク〜)

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (32) : -

定例街宣実施します。

体調も大分良くなったので、本日はしっかりと新宿定例街宣を実施しようと思う。
仕事の方も、本日は金曜日という事で稼ぎ時では有ったが、街宣の事と自らの体調を考えしっかりと早上がり、もう既に帰宅してパソコンに向かっている次第だ。
本日辺りちゃんと街宣をして置かないと、流石に私の苦手な季節の到来。花粉症と戦いながらのこれからの時期は、街宣中にくしゃみが止まらなくなったりしかねない。
まだそれ程重症ではない今週は、例え一人だけでも、しっかりと街宣をして置きたいものである。
そうそう、我が軍の結成時に活躍された勝又先輩が、情報提供となるありがたいメールを下さった。本当にありがたい限りである。
先輩ありがとうございます。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (2) : -

サンデー毎日2月22日号の記事に関して

TS3B0495表紙.JPG
画像を見て貰えれば分かるが、今週号のサンデー毎日に「??」という記事が書かれていた。
TS3B0496004誌面.JPG
TS3B0497アップ.JPG
心ある同志の方から連絡を頂き、昨晩知り得たのだが『何これ?おいおいこんな事実ないぞ』(瀬戸氏は創設者ではありません)というまったくの誤報。なぜこのような間違えが起きたのかと、熱くなった頭をしっかり冷やし、サンデー毎日の編集部へ連絡を入れ、掲載の経緯の説明を受ける。
聞いてみたら彼らのイージーミスと発覚。とはいえ我が軍に取っては非常に不快な事実である事には変わりない。
創設までの事実をしっかり伝え、早速対応を求める。と「ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした」と担当者のA氏。素直に非を認めて貰えればこちらは何も問題ない。「次号にて訂正文を掲載します」との事で、一件落着した次第である。
私同様「??」と思われた方が居たかもしれないが、まあ素直に非を認められては、責める必要はないであろう。
ただ一言言っておこう。
ネットの世界には真実は無く、真実とは現実の世界だけにあるのだから、この辺の事だけは、ブロガーの方々にはしかりと自重して置いて欲しいものである。この事を最後に述べて、今回のサンデー毎日に対する件は、これにておしまいとしたいと思う。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

紀元節の動き

防衛省への街宣を終え、第25回紀元節奉祝式典が行われる日本青年館へと向かう。
紀元節祭の後の記念講演が、田母神俊雄前空幕長閣下という事で、『早めに行かなきゃ入れないかもな』と、事前には打ち合わせをして居たのだが、防衛省で熱くなり時間を取られてしまい、開場より10分遅れてしまう。
すると、やはり予想的中。
~TS3B0491.JPG紀元節25
既に満員御礼、元々紀元節祭だけ参加して、田母神閣下のご講演は聴かずに帰る事にしていた我々だが(一度聴いている事だし、ましてまだまだ聴く機会が有るし)、お祭も会場の外で参加する事になってしまい、ちょっとしくじってしまった次第である。
それにしても、広告宣伝を大失敗してしまっているとの事で有ったのに、600名を超える参列者とは、恐れ入った。
予定通り紀元節祭だけに参列し撤収した我々は、その後、同志鈴木信行氏のスピーチが有る建国祭の始まる時間をも忘れ、打ち合わせの会議を延々と某所にて行なった次第だ。(因みにノンアルコールでだ)
若い人主体の、面白い流れを興したいものである。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

本日紀元節の動き◆並仄衛隊、統一行動)

明治神宮参拝後は、熊本の同志、鈴木田元陸士長の「神はからい」とも呼べる、不思議な霊的な意志にもとづき、新宿街宣の予定を急遽中止し、防衛省へ街宣を実施。
兵庫の同志へも連絡を取り、東京(防衛省)、熊本(北熊本駐屯地、健軍駐屯地)、兵庫(伊丹駐屯地)への、紀元節統一行動を自衛隊に対して展開した。
~TS3B0482.JPG防衛省後ろから
(防衛省)
090211_1527~0001.伊丹
(伊丹駐屯地、中部方面隊総監部)
CA390364003002.JPG健軍駐屯地
(健軍駐屯地、西部方面隊総監部)
本日の街宣目的は、
一、本日は紀元節である。我が国の建国記念日を、心から祝いたまえ。
一、皇紀二六六九年という、長い伝統、歴史あるこの我が祖国日本を守って来たのは、連綿と続く御皇室を中心とした国家体制であり、近代においては、責任ある国軍、即ち皇軍であり、そこに存在する誇り高き軍人である。
一、誇り高き軍人であるなら、防人として、祖国を守る責務を負うものである。然るに諸官等自衛官は、自衛隊なる米国の傭兵に甘んじ、何等この有史以来の祖国の文化伝統を守る責務を負おうとしていない。
一、我々現在在る日本人は、祖国の真の独立の為に立ち上がらなければならないのは、この有史ある文化、伝統を守るために与えられた使命であり、それを一番なさなければならないのは、国防を担う軍人である。一刻も早く自衛隊を解体し、国軍を創設しなければならないのだ。諸官ら自らが立たずして、誰がこの事実を変える事が出来るというのか。
一、誇り高き真の軍人となり、心よりこの紀元節を奉祝出来る者になりたまえ。
のような感じだ。
~TS3B0481.JPG
なぜ防衛省火炎瓶闘争を行ったのかを、その防衛省に対して訴えかける山口同志。
CA390363002001.JPG健軍鈴木田
自らの「第二の故郷」ともいえる、西部方面隊に「真の日本国軍人として立ち上がれ!」と訴える、鈴木田同志。
090211_1600~0002.JPG伊丹街宣
今回の行動に呼応して、中部方面隊に街宣をかける兵庫県委員会の同志。
090211_1506~02.JPG防衛省議長
私も、霊的なはからいを感じつつ、心から声を発して訴えた。
(画像が大きいのは、山口同志の携帯で撮影して貰った為。サイズの変更が未だに良く分かっていない(汗)
自国の建国記念日を、大手を振って奉祝出来ないそんな歪な国家は、一日も早くに終わらせなければいけない。特に、軍人が責務を感じながらも、心より奉祝出来る時代を早く迎えれなければ、我が国は亡国の末路をただただ突き進む事になるであろう!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

本日紀元節の動き 別声神宮参拝)

本日2月11日は紀元節、我が祖国日本の建国記念日である。
奉祝の気持ちを表すために、私は同志と共に明治神宮へ参拝へと赴いた。
スメラミコト弥栄と心に念じつつ、二礼二拍手一礼の作法で参拝。
皇紀二六六九年の喜ばしき日を、心よりありがたく祈らせて頂いた。
明治神宮参拝
明治神宮には毎年のように参拝している私であるが、ここ数年来、目に見るようにこの日の参拝者が増えたように感じる。
きっと我々の同胞達も、我が国家・国体の危機を肌で感じ始めているからなのであろう。江戸時代のお伊勢参り然りだ。
~TS3B0477.JPG明治神宮パレード
すれ違った紀元節を奉祝する御神輿の行列も、やはり祭り好きな日本人としては、なぜか嬉しい限りの光景であった。
あの清和組織局長でも「なんか心が落ち着く、東京にいるなんて思えないな。鎮守の森っていうのは、なぜか安らぎを与えてくれるものだ」と感じてしまう程、緑豊かな明治神宮の神域。私もいつも心が洗われるものである。
清和、倉科の組織局コンビは「近い内に、伊勢神宮にお参りにいきましょう」と、五十鈴川、内宮、鎮守の森へと、お伊勢参りの予定を組んでいたようだ。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

紀元節奉祝式典のご案内

《紀元節奉祝式典【第25回】ご案内》

本年は皇紀2669年 紀元の佳節たる2月11日当日 神武天皇肇国のいにしへを偲び 第25回「紀元節奉祝式典」を左記により開催致します
天皇陛下御即位20年といふ御慶事を迎へ 尊台のご参列を仰ぎ 共に奉謝の誠を捧げ 尽忠報国の誓ひを新たに致したく 茲に謹んでご案内申し上げます


☆日時
2月11日(祝・水)
午後3時半開場/4時〜6時

☆会場
日本青年館(地下中ホール)
(JR「千駄ケ谷」「信濃町」および東京メトロ銀座線「外苑前」ならび都営大江戸線「国立競技場」下車)
電話03(3401)0101

☆紀元節祭
神武天皇即位建都の大詔奉読・浦安の舞奉納・紀元節の歌奉唱他

☆記念講演
田母神俊雄氏(前航空幕僚長)
「日本は侵略国家であったのか」

☆参加費
1000円(学生無料)

☆主催
紀元節奉祝式典実行委員会
〒170-0003
東京都豊島区駒込6−27−11(三澤浩一方)
電話03(3918)9524
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/2024/
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

北方領土の日?なぜ今日が!?

昨年の今日は、大日本愛国党の舟川総隊長のご好意により、愛国党の皆さんと共に、このエセ北方領土の日に対する抗議活動を展開した。
本日2月7日をなぜ政府が北方領土の日としたのか?
日魯通好条約が締結された日で有るからと詭弁を弄するが『取り敢えず、ソ連を刺激し過ぎる事無く、国民も納得する無難な日はないかね?』的な、売国的発想の元で決まったのでは、と私は思っている。
なぜなら、国際法を遵守する立場を取るなら、それこそそこは一番新しい国際法を遵守するべきであり、サンフランシスコ講和条約に加わっていないロシア(ソ連)との間では、この領土問題に関する条約として優先されるべきところは、日露戦争後のポーツマス条約であるべきだからである。
まして昭和20年8月9日に、日ソ中立条約を一方的に破り、我が国に侵略軍を進めたロシアである。我が国に本当に領土奪還という意志があるならば、やはり国際法を遵守する立場から、この8月9日を「北方領土の日」とするべきなのではないだろうか?
領土を奪われた国家が、毅然とした態度で対応しないのであれば、それは奪還の意思がないと、国際社会の中で思われても仕方ないであろう。
我が国は毅然とした態度で、領土奪還の意思を示す必要があると思うのだが如何であろう。
全北方領土然り、竹島然り、独立国家として毅然とした態度を示さないで来たからこそ、中国に尖閣諸島まで狙われてしまうっているのではないだろうか。
私は、民族派活動家を自称するからには、しっかりとこの原則だけは守って行きたいと思う。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

体調いまいちです。

喉の痛みと咳が止まらないのに、体温の変動が激しく、37度有ったと思うと知らぬ内に34度台に。処方されている薬に解熱剤は無い筈なのだが、流石に体温が下がり過ぎると動く気がしない。
今朝も34.9度の体温と共に動く気力が失われ、本日も仕事を休んでしまった。
定例街宣の方も、何人かの同志の参加打診が有ったが、またも中止にさせて頂く。
やはり、風邪は甘くみてはいけないようだ。3日に「まあ少しなら大丈夫だろう」と友人に付き合い飲んでしまったのがトコトン効いているようだ。あの店に「赤霧」が有ったのがいけない。それも一杯390円では、酒好きな私、体調が悪いのは分かっていても、ついつい飲んでしまう。
その報いとはいえ、辛い限りだ。
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (5) : -

風邪をこじらせてました。

先週土曜の定例街宣、降水確率云々よりも、風邪をひいてしまい声が出ず。街宣をしたく無かったというのが本心でした。
熱は余り上がらないが、喉の痛さ咳が酷く、かれこれ一週間経つというのに、まだいまいち。
昨日、山口同志と街宣する予定も『風邪ひいてしまい、まだ喉が止まらないから今日は中止にしてくれ』と、昨日も中止にしてしまった程。
咳が止まらない事から仕事を休んでしまい。現行の体制(私が車で器材を運んでいる状態)では、今週土曜日の新宿街宣も無理であろう。
今年も何やら新年早々バタバタである。山口同志が復帰した事が吉事以外は、給料を差押さえられるわ、思ったように行かないわで、生活に追われ活動がおざなりだ。先月は僥倖により家賃が払えたが、この不況の波を思いっ切り受けている職業柄、仕事に専念しないと、本当に家族を路頭に迷わしかねない状態と来ては、ブログを書いてもこんな内容になってしまう。
「今年は半専従として活動をする!」と言ってみたものの、援護射撃がない現状、糧食尽きて終わってしまいそうだわ‥‥。
※それにしても、派遣切り派遣切りとか言って騒いでいる割に、その中の連中が、タクシー運転手になるのは嫌だなんて言っているのを聞くと、本当に頭に来る!そんな贅沢言ってる奴等を救うって、なんなのかね??
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (3) : -
最終更新
コメント
カテゴリー
まとめ
プロフィール
統一戦線義勇軍 機関紙
  • 緑旗
    (統一戦線義勇軍 中央委員会通信)
  • 義勇軍報
    (統一戦線義勇軍 中央機関紙)