統一戦線義勇軍
統一戦線義勇軍 議長 針谷大輔のブログ

<< 2009/08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

イベントのご案内(9月27日阿佐ヶ谷ロフトA)

9月27日(日)阿佐ヶ谷ロフトにて、午後7時〜下記のイベントをやります。
男たちの国防論の番外編のような感じなので、どうかお時間の有るお方はお越し下さい。

裁判員制度を廃止せよ!

8月3日より本格的に開始された裁判員制度裁判、この裁判員制度の抱える問題点を、ストップ!裁判員制度運動、法の専門家、民族派活動家、被告の立場から、その恐るべき本質を抉り出す。
家族の絆を守る為には、裁判員制度は悪か否か!?

第一部  裁判員裁判を検証する。
 ・実際実施された公判における問題点
第二部  裁判員制度の危険性を考える。
 ・今後起こり得る問題点とは
 ・裁判員制度をなぜ廃止するべきなのか

出演
鈴木 信行  維新政党新風幹事長
立石 雅彦  埼玉弁護士会副会長
中野ジロー  アウトロー作家
池内ひろ美  家族問題評論家

司会進行
針谷 大輔  統一戦線義勇軍議長

OPEN18:00 / START19:00
前売¥1,500/ 当日¥1,500(共に飲食代別)
阿佐ヶ谷ロフトA
東京都杉並区阿佐谷南1−36−16ーB1
JR中央線阿佐谷駅パールセンター街徒歩2分
電話:03-5929-3445
FAX:03-5929-3446

ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (5) : -

民主党圧勝は、また国民の不幸の始まりではないか。

自民が負けて民主が勝って政権交代が行われる流れは、もうどうにも止められない事は分かっていた。街宣等では常日頃から、民主が勝ち過ぎては困ると訴えて来たが、現在の趨勢を見る限り、民主の圧勝は動かない事実のようである。
小泉郵政選挙から四年、自民党は獲得した300議席という数を背景に、やりたい放題の横暴の数々を行なって来た。
本当なら、総理総裁の首のすげ替えをして済むような事を何度もするのでなく、どこかで国民の真を問う形で解散総選挙をするべきだった筈なのに、取り過ぎてしまった議席、議員を失職させない為に(選挙をやれば議席は正常な状態に戻り減少するのはみえていた)任期ギリギリまで解散を先送り、民主主義の論理を無視して、数に物を言わせ3分の2の議決などを、何度も強権としてやって来た(民主主義は多数決の論理の側面も持つかも知れないが、この場合は選挙をして国民に問うべきであろう)。そのツケが、まさに今回の結果と言えよう。
さて民主党だが、この自民党と同じように、数の論理で民主主義を捻じ曲げて行ってしまうのだろうか?
悪しき前例の自民党のこの四年間のやり方をまねてするなら、それはやはり国民を裏切ることになり、あってはならない事だと言えよう。(リベラル、奇麗事を言っている民主党なら、しっかりと国民に問う事を期待するが)
我々は思想を持ち、真に日本の為と戦っている活動家である。
とはいえ、この日本に居る有権者の大半が今回の民主党圧勝を後押しした事は事実であり、それは真摯に受け止めなければならないと考る。
占領軍による、日本弱体化政策、愛国心を奪い取り日本人を愚民化する目的のその政策がベースにあるとはいえ。今回の成り行きはやはり国民の総意といえる。それに自民党にしても、民主党にしても、決して愛国政党ではないのであるから、どちらでも変わりはない!
本当なら、我々も今回の選挙には打って出なければならなかったと思う。その為に私も敢えて火中の栗を拾おうと工作じみた事もしようとした。しかし、私のくだらない動きは除外したとしても、第三極となるべき愛国派は、今回の選挙には参加出来なかった。悲しいがこれが事実である。
まあ元々が政治的な動きは二の次の思想運動、今後も民族派愛国陣営は、決してこの立場を変える必要は無く、必要ならば肉体言語も持さない覚悟でこの民主党政権を見つめて行けばよいと思う。
新たに出来る政権が、本当に売国政権なのであれば、これと戦う覚悟をしっかりと持って、自らの道を進んで行きたいと思うものだ。
因みに、本日の投票は、普段なら白票を投じる所だが、民主の圧勝はまずいと思い、私は自民党に入れた。選挙区も「すが義偉」と書いて来た。
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (26) : -

イベント案内(9・11ジュンク堂新宿店)

故見沢知廉氏とも縁が深く、男たちの国防論にも登壇して下さったり、何度かイベントを一緒させて頂いた早見慶子さんが、ジュンク堂新宿店8Fカフェにてトークセッションを開催するとの事なので、下記にご案内して置きます。
何やら面白そうなイベントなので、お時間が有る方はご参加下さい。

早見慶子×島田裕己×大澤信亮
「ロスジェネ世代と考える90年代」
―オウムとは何だったのか―
2009年9月11日(金)18:30〜

ベルリンの壁だけでなく、ソビエトまでが崩壊した90年代。東西の冷戦構造がなくなったあと、アメリカは、湾岸戦争を境に仮想敵を「テロ」へと変えていった。そんな世界規模の大転換の時代、日本では何が起こっていたか?
バブル経済の崩壊。55年体制の終結に伴う政界の混乱。阪神大震災。そして、1995年3月の、あの「地下鉄サリン事件」──。
そう、ダライ・ラマとまで会見し、仏教を再生させようとしながら、「無差別テロ事件」を起こし崩壊していったオウム真理教も、この時代の象徴だ。その深い衝撃は今話題の村上春樹『1Q84』にも響いている。
今回は『カルト漂流記・オウム篇』を刊行した元過激派・早見慶子、オウムと真っ向から向き合ったアクチュアルな宗教学者・島田裕巳、話題の『ロスジェネ』『フリーターズフリー』の編集を手がけるロスジェネ世代の批評家・大澤信亮が、オウムと現代における「信仰」ついて語り合う。

【講師紹介】
早見 慶子
元戦旗・共産主義者同盟メンバー。ソビエトの崩壊を機に、党を去る。1993年の春、キーレーンのコンサートを通じてオウム真理教と出会う。その後1995年の麻原彰晃逮捕まで交流。『I LOVE 過激派』を彩流社より出版。東京理科大学薬学部卒業。
島田 裕巳
東京大学在学中に『1Q84』の一つのモデルになっているヤマギシ会の運動に参加する。大学院修了後、日本女子大教授を経て、東京大学先端科学技術センター特任研究員などを歴任。現在同客員研究員。『オウム』『日本の10大新宗教』など著書多数。最新刊に『最新・新宗教事情』(勉誠出版)。
大澤 信亮
1976年生まれ。批評家。「フリーターズフリー」組合員、超左翼マガジン「ロスジェネ」編集委員。「宮澤賢治の暴力」で新潮新人賞評論部門受賞。主な著作に「柄谷行人論」(「新潮」)、「私小説的労働と組合」(「思想地図」)、「左翼のどこが間違っているのか?」(「ロスジェネ」)など。大妻女子大学短期大学部・恵泉女学園大学非常勤講師。

【会場】ジュンク堂新宿店 8Fカフェ【入場料】1,000円(1ドリンク付き)【定員】40名 ※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願いいたします。【お申込み・お問い合わせ】ジュンク堂新宿店 TEL03-5363-1300
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (3) : -

富士登山おまけ

頂上の浅間神社にて、昨年は御守りをGET出来なかったわたしですが、今年はしっかりと授かる事が出来て一安心。
さて、そんな中おみくじを引いたのですが『多分、大吉だな』と言う直感は見事に当り大吉をGET。
流石に富士山の頂上で引くおみくじは、何か特に霊威を感じてひと味違う物が有り、嬉しさ?も倍増。
それが実は、一緒に登った、高橋君、板東君の2人共がまたまた大吉と来た。
ついついお務めされている神職の方に『まさか全部大吉なんて事は無いですよねえ』などと聞いてしまった程(笑)
「そんな事は有りません」と、ビシャリと怒られてしまった(笑)
三人揃って大吉を引くなんていうのは、何か変な感じで有ると共に、何かを感じずには居れなかった次第だ。
そうそう、登山の途中で、苦しさの中でも思いやりを携え人助けをした御褒美だったのであろう。
あの途中で買ったレインコート、実は超薄着で震えまくっていた2人組の女性にあげる事が出来た。今では、その為に買ったのだろうと思っている。
また、もう1人には、板東君がしっかりと用意して来た?ウインドブレーカーを掛けてあげる事が出来た。(もう一枚着れば、自らももっと寒さがしのげるのにだ)
見ず知らずの関東人に、寒さから解放して貰った熊本の女性は、良き想い出になった事であろう。
板東君の「良かったらあげますよ」という言葉が、私の耳から離れない限りだ。
山登りは、いいものだ。
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
富士慰霊登山 : - : -

富士登山4(慰霊、そして雪氷)

→御来光を仰ぎ、心身ともに洗われた我々は、もう一つの目的である慰霊へと、小山の頂にある祠へと進む。
とどうであろう、昨日の雨は頂上では雪が舞ったとは聞いてはいたが、行く手には薄っすらと雪化粧。それも氷点下の朝と言う事で、既に氷と化している。『祠まで辿り着けるかなあ』と少し不安が頭をかすめたが、とに角前に進む。
何とか祠に到着。
200908250609祠.JPG
予想通り、急斜面に面している祠周辺も、雪氷の一面と化していた。
滑れば一貫の終わりと言う事で、慎重に慎重を期して、まずは内山さんの遺骨を埋葬する。とはいえ腰はへっぴり腰に、しっかりと穴を掘る事が出来ずに、骨壷が埋まりきらなかった。
200908250609祠にて.JPG
私が先ず参拝、持参した日本酒を捧げ、野村先生始め、見沢知廉、板垣先輩、そして目黒同志の御霊に対して、拍手を打つ。
私に続き、野村先生に思いを馳せる二人も、足元に注意しながらしっかりと参拝していた。
毎年思うのだが『来年はもう誰も連れて来なくていいだろう』という期待は、この三年間は裏切られっぱなし、来年こそは、遺骨を携えての登山にならない事を願うものである。
また、先に逝かれた野村先生始め、同志、諸先輩の皆さん、どうか富士の頂から我々の事をお見守り下さい。と、書いて置きたいと思う。
その後は、スローペースであったが、無事に下山する事が出来、麓の富士山温泉にて身体を休めて、帰路へと着いた次第である。
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
富士慰霊登山 : comments (3) : -

富士登山3

→富士山ホテルにて仮眠を取り、午前2時過ぎに頂上へ向けて出発する。
空を見上げると昼間の雨は嘘のように、そこには空一面の銀河の世界。都会に住む我々にとっては滅多に見れない光景であり、非常に目の安らぎを覚える。
エベレスト経験のある坂東君と話す「エベレストはもっと綺麗でしょ」「いえ、近すぎて逆に星が多すぎます」などと、会話も弾むが、実は私以外の二人は、頭ズキズキ、私の想像以上に高山病にやられていたそうだ。
そんな彼らの様子を案じつつ、御来光渋滞の中をのんびりと頂上を目指して登って行く。
午前4時、登頂に成功。
直ぐに富士浅間神社を参拝する。
昨年授かった御札をお納めし、新たに御札と、そして昨年は既に無くなってしまっていた御守りを頂く。この一年というもの、御守りが得れなかった事から、嫌な一年を過ごす羽目になって来たが、まずは一安心と心が和んだ。
午前4時半、御来光を仰ぐべきベストポジションを確保し、氷点下3度の中で御来光を待つ事に、
午前5時10分、御来光を仰ぐ
TS3B0766御来光.JPG
毎年仰いでいる御来光であるが、今年は風がまるっきり無かった事から、雲海が何時もと違い、何か始めて見る光景の如くであった。本当にこの一年に一度の御来光、心が洗われるものである。この光景を見て光を浴びると『また来年も絶対に来よう』と心から思えるものである。
頂上にて.JPG
登頂を記念して
1265022313_水.jpg
山頂は氷点下だったからか、途中の山小屋より100円安く売っていた。(登山中は汗も書き水を飲みたくなる。山頂では、寒さゆえ冷たい物は飲みたくならない)
→続く
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
富士慰霊登山 : comments (1) : -

富士登山2

→毎年、天候には味方されて来た慰霊登山だが、今回同行しているのが内山国泰氏の亡骸なのかどうかは分からないが(多分私の行いの悪さなのだが)序盤から雨に見舞われ、身体はどんどん重くなって行く。
ふと何時ものような閃き「多分私が山小屋でレインコートを買ったら、雨は止むよ」と、二人に告げる。二人とも「??」としていたが、その結果はほんの10分もしない内に、あれよあれよと出て来る!
量販店で買えば、1000円もしないレインコート、山小屋では(ここが一番安かったのだが)1800円もする。「済みません、レインコート一つ」と私が購入し着替えていると、外の様子が何か変わって来た。レインコートを着て外に出ると、先程までの雨が嘘のように、雨などどこへやら。『やっぱりな』と思いながら二人を見ると、高橋君が「もう脱がないで下さい」とポツリと(笑)
その後も、『そろそろ脱ぐかな』という私に「まだ脱がないで下さい」と、まるで本当に私が脱いだら直ぐに雨が降るとでもいう感じで、変な会話が続く(笑)まあここは霊峰富士、科学的ではない霊的な事象は当たり前のように起こるのであろう。
予定より、3時間近く遅れて、毎年お世話になっている山小屋「富士山ホテル」にて足を休める。夕飯は勿論定番のカレーライス。
1265013930_カレー.jpg
ここまで登って来て腹を減らしている我々にとって、このカレーは信じられないほどの美味である。多分下界では、ほか弁のカレーの方が美味しいのだろうが、これも富士山マジックかな(笑)
そうそう、この雨の中の道中であったが、それなりに楽しい思い出を作る事も出来た。好青年、好女子?の明るい若者達と一緒に写真を撮ったりと、雨に降られながらも山登りの良き醍醐味?(かな?)を味わう事が出来、雨もいい思い出になったものである。
→続く
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
富士慰霊登山 : comments (15) : -

富士山頂には、雪が積もっていた。

24、25日に掛けて、毎年恒例の富士慰霊登山に行って来ました。
先にこのブログでも書いたように、本年は私の完全なる準備、連絡、案内ミスにより、毎年の富士登山の同志とも呼べる方々の予定に合わす事が出来ず、本当にご迷惑を掛けてしまいました。何とか、一般参加者の2名と私で登頂を果たして来る事は出来ましたが、私としては反省し切りと言うところです。
さて今回の登山ですが、24日朝9時に横浜の桜木町で、ボディービルダーの二人と合流、一路富士五合目へと車を走らせるも、月曜日だというのに富士スバルラインは大渋滞、一時間以上渋滞にハマリ、予定を超過しての出発となりました。
TS3B07595合目.JPG
高橋君と出発前のショットを五合目にて
毎年は過度な重装備な私なのですが、今回は『本当に登れるだろうか』と、ちょっと体力的な不安を抱えていた事から、装備を最小限に減らし重量を軽くなどと考え、雨具も『まあ大丈夫だろう』と、安いレインコートにしたのが、大失敗。ついでに、リュックを覆うビニール袋も忘れてしまい「山は舐めてはいけない!」というのを、身に沁みらされました。六合目を過ぎる頃から、本格的な雨に見舞われ、リュックを守る為に雨の浸入を受け入れざる負えない悪循環の中での、登山となってしまい、私はずぶ濡れ、同行の2名は、完璧なる装備のもと雨天も何のその、聞いてみると、一人はエベレストにチャレンジした程の本物の登山家で、主催した私がダメダメと来て、ちょっと恥ずかしい限りでした。
出発前に嫁と「重たい方のレインコートを持ってかないから、山の神様に『舐めるなよ!』なんて怒られて、雨になったりしてな」などと話していたのがしっかりと的中、やはり山はなめてはいけないと重々肌に沁み込んだ次第です。
TS3B07607合目.JPG
エベレストにもチャレンジした事がある坂東君と、七合目にて
→続く
mixiをやる方は、詳細は高橋君の日記をご覧下さい。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=24376276
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
富士慰霊登山 : comments (1) : -

昨晩は、見沢知廉生誕50周年記念展に参加

~~TS3B0753.JPG
~TS3B0757.JPG
昨日は、劇団再生主宰(高木尋士団長)による『見沢知廉生誕50周年展』を観に、阿佐ヶ谷ロフトまで足をのばして来た。
第1部のトークライブに続き、第2部では、演劇『天皇ごっこ〜調律の帝国〜』の公演が行われ、非常に楽しい一時と思い出、そして考えさせられる時間を過ごす事が出来た。
会場は勿論満席、観客の皆さんも非常に満足された事であろう。
劇団再生の高木尋士さんを始め、劇団員の方々には、良き物を観せて頂き、感謝にたえない。また今後も、見沢知廉を演じ続けて頂きたいと思う。
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (4) : -

精密検査を受けに行きたい。

最近、妙に体調に不安を覚える。
ガン検診とかいうものを、しっかり受けてみたいなどと考えてしまう。
とはいえ、貧乏人は検査入院なんて、夢のまた夢。神奈川県の最低賃金すら割り込んでいるようでは、自然に任せるしかないのであろう。
それにしても、今日も仕事がまるっきり出来ない。
今年という年は、仕事からなにからなにまで、本当にツキとか運とは無縁な年である。真面目に働いても、引けなければ終わりの商売。胃が痛い限りだ。
毎年夏は○券で食べていた私だが、悪循環はここでも働いている、買う金が無ければ、どうにもならない。
それにしても、ポジティブなのが取り柄な楽天家の私は、一体どこに行ってしまったのだろうか?
完全にネガティブな自らが存在するのは笑える。でも今日の仕事など、時給に換算して一時間あたり、550円とかだと、流石に仕方無いのであろう。
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (46) : -

富士登山のご案内

昨日このブログに書いたように、なぜか今年は予定すら練らないで来てしまった毎年恒例の霊峰富士への慰霊登山だが、急遽下記要項で実施したいと思います。
毎年なぜか、同志の遺骨と共に登攀する事になってしまっているこの慰霊登山ですが、昨年の目黒同志に続き、今年は昨年12月に亡くなった、元大悲会会長の内山国泰氏の遺骨を、頂上に眠る故野村秋介先生、板垣哲雄先輩、見澤知廉先輩の元へお連れする事となってしまいました。
元々内山さんは、我々統一戦線義勇軍の中核を成した同志、その後の経緯は良く分かりませんが、死地へ赴く本人との約束により、お連れする事としました。
さて、ご案内が遅れてしまった今回の富士登山ですが、元々慰霊と共に霊験を新たかにするのが目的な行事、「一度富士山に登ってみたい」という、一般参加者も大歓迎です。
どなたでも登れる無理の無い日程を組んでいますので、お気軽に参加して下さい。

平成21年度富士登山隊

日 時:8月24日(月)〜25日(火)
日 程  24日
     09:00  JR桜木町駅改札前集合
     10:00  東名海老名サービスエリアにて合流
     11:30  富士急ハイランド前ローソンにて合流
     12:30頃 富士五合目より登山開始
     19:00頃 本八合目山小屋にて休憩、仮眠
         (仮眠する山小屋は、当日の状況により決定します)
     25日
     02:00頃 山頂に向けて登山再開
     05:00頃 山頂にて御来光
          その後、希望者は、野村秋介先生と板垣哲雄先輩、見澤知廉先輩等の眠る祠へ参拝。故内山国泰さんの遺骨を埋葬。  
     07:00頃 下山開始
     11:00頃 五合目到着
          その後、帰路へ
費 用  車両交通費、一人3000円(徒歩で参加される方)
     それ以外は各自必要額を用意下さい。
     山小屋−素泊り5500円位、一食付6500円位(二食は7500円)
     その他、食事、水分などの必要最小限を、麓のコンビニで購入した場合なら、トータルで15000円〜2万円位有れば大丈夫です。
     酸素その他余裕を持ちたい方は、+1万円は用意した方がいいかも知れません。

必需品  夏とはいえ富士山は標高が高いので、温度差が10度以上は余裕であります。防寒着は必須!(フリース、トレーナー、他ジャンバーが有ればベスト)
     レインコート、リュックサック、食料、水分、アメ、酸素(心配な方は)
     軍手、帽子、タオル、懐中電灯etc
     ※食料、水、酸素に関しては、途中の山小屋でも販売しています。
      とはいえ、登れば登る程、値段が上がって行きます。
      水もお金を取られるのが富士登山ですから。
連絡先  090‐2455-4266 針谷
      メール hariya@giyuugun.jp

参加希望者はご連絡下さい。
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
富士慰霊登山 : comments (0) : -

とことん欠陥人間

時間が無いとかどうとかそれ以前に、どうやら私は完全に、欠陥人間になってしまっているようである。
事務的な事全般!
連絡や片付けなど全てに渡り、完全に麻痺してしまっている。
毎年恒例となっている富士登山も、私の頭の中からなぜか欠落。安易に人と約束していた事も忘れてしまっていて、富士登山の同志とも呼べる丸川本部長や愛心の菊地会長にすら連絡しないで平然としてしまっていた。完全に私の頭の中から欠落してしまっていて、本当に「何だよ針谷は」と思われてしまっている事であろう。
そう言えば、先日のデモの案内もしていない。暑中見舞いの返事すら書いていない!
本当に、欠陥人間になってしまっているとしかいえない。頭の中で、欠落してしまう。疲れだとか、時間的余裕が無いとかいう次元でなく『病気か』などと、自ら感じ始めていたり‥‥。
一時期、『文が書けない』と、なぜか文を書こうとすると頭が痛くなり、悩まされた時期が有ったが、それは知らない内に解消されて現在に至っている。
そして今は上記の通り、、、完全に欠陥人間なのだと、最近つくづく思う限りである。
無理がたたって、自分自身のコントロール機能がおかしくなるなんて事があるのだろうか?
※今年の富士慰霊登山は、8月24日、25日で登攀致します。
ああ、遺骨を富士の頂きに運ぶ事になっている、元大悲会会長の内山国泰さんの遺族にも、連絡していない。マズいマズい、、、預けて有る遺骨を引き取りに行く約束をしなければ、、、連れて行ってあげれないかも知れない(汗)
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

明日8月15日の予定

明日8月15日は、靖国神社に参拝後、午後3時より、予定通り新宿定例街宣を実施します。
ご連絡まで
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (1) : -

この夏は、エアコンとの戦いの日々である。

この暑い夏、果てしないギャップとの戦いを続けている。
仕事では、一日中車の中で冷房に攻め立てられ(タクシーの車内が、暑い訳にはいかない)、身体が悲鳴を上げている。
不況の波をモロに受け稼げない中「稼がなければ」と身体を酷使する毎日、疲れとこの冷房で血行?は最悪。何やらろれつが回らなくなったりと、ちょっと微妙な体調を維持している。
冷房にやられているからか、家に帰り眠りに着くと、背中始め身体がギシギシと痛い。
そんな中、幸か不幸か我が家にはエアコンが無い。
これまた朝帰宅し就寝するのだが、暑くて起きてしまう。
先日もデモの後、「エアコン無いけど、良かったらうちに泊まったらいい」と同志達に声を掛けたが、返事は「……」。
部屋に寄った永野委員長も、みるみる汗まみれで「大丈夫ですわ、どっかで休んで来ますわ」と。
本当に今の世の中、エアコンが無いと暑くて堪らない。他の家の室外機をぶち壊してやりたくなる衝動にかられながら、涼風を羨ましく思う日々を送っている。
我が子は多分、逞しい子に育つ事であろう(汗)
さてそんな中だが、昨晩は本当に良く寝てしまった。
どれ位振りになるだろう、10時間もぶっ続けで寝たのなんて、、、。
※しかし疲れが取れるどころか、余計に身体中が痛いのはなぜ(>_<)
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (4) : -

やはり雨には無縁で有った。(8.9広島長崎の原爆投下に抗議する反米集会)

昨日の8.9広島長崎の原爆投下に抗議する反米集会は、どんよりと曇る空などなんのその、雨に降られる事も無く、逮捕者も出さずに、無事に終了した。
後から聞いた話だと、その時間帯、山一つ二つ越えた場所では、バケツをひっくり返したようなゲリラ豪雨だったそうである。こちらはと言えば、暑さを冷ます「サッ」とした雨がいい感じで来ただけで、暑さも去り真夏の夕方とは思えない涼しさのもと、集会そしてデモを貫徹する事が出来た。
いつもの事ながら、神様に感謝するものである。

~TS3B0724006.JPG
横須賀ヴェルニー公園にて、同志の熱い連帯のアピールが行われた。
TS3B0722059.JPG
~TS3B0726.JPG
~TS3B0728.JPG
~TS3B0730.JPG
初めて参加して下さった大先輩の姿も
~TS3B0733.JPG
~TS3B0736.JPG



~TS3B0727.JPG
いつものように、米軍の警備艇もしっかりとビデオ片手にお出まし。
~TS3B0739.JPG
山口情宣局長が掲げる国旗を先頭に、米軍ゲート前を目指すデモ隊。
~TS3B0743.JPG
久し振りに、関西管区委員会の旗も靡く。


ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -

6日の抗議行動

6日の広島原爆の日(本当は、米国による原爆攻撃大虐殺、受難者慰霊の日と書きたいが、省略して敢えて「広島原爆の日」と書く)、糊口をしのぐのもままならない私は、残念ながら仕事に行かざるを得なかったが、山口情宣局長率いる中央委員会情宣局主体で、米国大使館に対する抗議活動を実施、抗議文を手交したらしい。
思えば、我々義勇軍の主体は20代であった筈であるが、私の不徳の致すところで、長々と議長の座に居座ってしまっている。私が議長に就任したのも24歳。時代は変わったとはいえ、そろそろ若い人達に、この運動体の場を返さなければいけないだろう。
前議長の木村三浩先輩を持ち上げる訳では無いが、木村さんは本当に偉かったと実は心服している。
私と議長を交代した後、軍の活動、運営に対して、一切口を挟んで来られなかった。
自らがトップを務めた組織、未練や不安が有ってもおかしくない筈、私ももし身を引く時は、木村さんを見習いたいと何時も思っている。
まあとはいえ、責任という言葉とは無縁な世代の同志達、今はとに角、彼らが主体となれるように、しっかりとサポートに徹したいと思う。
彼らには、集団指導体制でも構わないので、我が軍旗「緑旗」をしっかりと守って行って貰いたいと思う。
組織維持でなく、真の運動体の戦士として、どんどん運動を活性化してくれる事を、心から願うものだ。
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (41) : -

定例街宣は中止です。

本日の定例街宣は残念ながら中止と致します。

また、明日9日には横須賀に於いて、
「広島長崎の原爆投下に抗議る反米集会」を開催します。
日時:平成21年8月9日日曜日
集会:午後5時から
デモ:午後6時より
場所:横須賀ヴェルニー公園
主催:8・9広島長崎の原爆投下に抗議する反米集会実行委員会

TS3B0710003.JPG

※趣旨に賛同される方のご参加を、心より歓迎致します。

ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (1) : -

広島原爆投下の日に想う。

大東亜戦争時「鬼畜米英」という言葉を使い、彼のアングロサクソン連合の国を揶揄していたが、その言葉はやはり正鵠を射ており、米国政府はその鬼畜の所業とも言うべき大虐殺を、戦争末期に平然と行なったのである。
ハーグ条約における戦争法規(第25条: 無防備都市、集落、住宅、建物はいかなる手段をもってしても、これを攻撃、砲撃することを禁ず)を無視して行われた、東京大空襲を始めとする日本全国における明らかな戦争犯罪である無差別爆撃!
より大量に日本国民を虐殺する為に、その爆撃は入念に計画(例えばソルトレイクシティーは東京に模されて作られ、より大量に殺戮するための実験がなされていた)され、これこそ人道に対する罪、鬼畜の所業と言える大虐殺であった。
その最たる鬼畜の所業と呼べるのが、昭和20年8月6日の広島、9日の長崎に対する大量殺戮を目的とした原爆攻撃(不必要な苦痛を与える兵器、投射物、その他の物質を使用することの禁止)である。
あの恐ろしい広島原爆投下の日から、早いものでもう64年!
未だに米国政府は、正式な謝罪どころか、その行為そのものを現在になっても肯定している。
そのような、反省も出来ない国の大統領が、今まさに核兵器の廃絶などという美名を叫び、それを実行しようとしているらしい。なんと本末転倒で愚か(いや確信的か?)な事と言えようか!
米国の大統領に、核の廃絶等と声高に叫ぶ権利などは、この人間の世界には断じて存在しない!
まずはその鬼畜な行為に深い反省をし、その贖罪意識を全ての米国国民が認知するようにしらしめてから、我が国に対する正式な謝罪をするのが筋であろう。最低でも、それ位の事がなされない限り!彼の国に世界の平和と核の廃絶を叫ぶ権利などは生まれて来ないのである。また、例え謝罪したとしても、核廃絶を主導する権利などは、倫理的に考え、平和と人類に対する責任としては、米国大統領には一生その権利は存在しないであろう。(まあ正義など無い、軍事的な付属物としてだけならいいだろうが)
米国に虐殺された我が同胞達の無念を晴らす為にも、一日も早く、我々日本人が戦った大東亜戦争の正義を我が国民に周知させ、日本に愛国心を甦らせなければならないと感じる、今日という日であった。   平成21年8月6日記

ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (2) : -

睡魔には負けず

本日の定例街宣は、事故渋滞と見物渋滞に巻き込まれ、ほぼ16時頃からの開始となってしまった。
昨日は午前11時から今朝の7時過ぎまで、ほぼ休まずに仕事をして疲労困憊であった筈なのだが、先に書いたように、気力は充実。街宣終了後は、横須賀の花火大会に見物に行ったりして、現在この時間(23時)でも、気だるさはあるがなぜか妙にハイである。
さて本日の街宣だが、山口情宣局長、金友君共、非常に良き訴えをしていた。
また駆け付けて下さった、敬天新聞社の植村様に置かれては、非常に勉強になる選挙政治の話を聞かせて頂いた。有難う御座います。
来週は定例は出来るか未定で有るが、平日政治屋然りと、朝立ちでもしてみようかと考えている。金友君は「僕はよくやってますよ」との事。若いっていいよな『私も負けずにやってみるか』という感じである。
TS3B0711059山口.JPG height="320" />
今日の山口君の訴えは、わざわざビラを取りに来る人がいる位に、街行く人の足を止める街宣であった。まあ、スランプ脱出かな。
TS3B0714059金友.JPG
金友君は、相変わらず街宣が上手い。ただまだ若いのだから、もっと下手くそで、情熱的に訴えてもとか少し感じてしまった。
TS3B0718059植村.JPG
若い二人と絶叫系?の私の三人、そこに落ち着いた植村さんが加わって下さって、今日の街宣も非常にバランスがいいものになれた。感謝感謝。
090801_1715針谷.JPG
最後は私、鳩山の「四年後、もし公約が果たせなかったら、責任を取る」という発言に非常に頭に来ている私である。『責任を取るというなら、公約を掲げる段階で、失敗した場合には全財産を投げ出しますとでも約束しろ!それでこそ、偉そうに責任を取るといえるものだ』みたいな内容を話したように思う。中々、皆さん聞いて下さっていたようだ。最近、妙に選挙に出たい欲求が湧いている自分が存在するのには、笑いが止まらないところである(笑)
一人でも多くの方が、「国を、世の中を良くするには自分は何をしたらいいのかと?」自らを振り返り考えて頂けるきっかけになれるように、これからも啓蒙街宣活動は、頑張って行こうと思う今日この頃である。
暑い中、同志の皆さんご苦労様でした。
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (2) : -

8・9デモのビラ

折角作成して貰ったのに、情けない事にUPの仕方が分からず、やっとUPできました。
TS3B0710003.JPG
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : - : -

外は良き街宣日和なり

不況の波に覆われ、疲労困憊な明け番ではあるが、お日様は「街宣に行って来なさい」と、私の仮眠を妨げる。
『さてと、起きるか。街宣だ!』と、言葉に発してみると、一時間も仮眠していない筈が、なぜか疲れはどこへやら、目は覚め力が漲る自分が存在して、びっくりである。
と言う事で、本日の定例街宣は予定通り実施致します。
定例街宣の筈が、ブログを使って告知しないといけなくなっているのは笑えるが、若い山口情宣局長達がやる気になっている現在、私もしっかりとサポートしなければと思う今日この頃である。
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (18) : -
最終更新
コメント
カテゴリー
まとめ
プロフィール
統一戦線義勇軍 機関紙
  • 緑旗
    (統一戦線義勇軍 中央委員会通信)
  • 義勇軍報
    (統一戦線義勇軍 中央機関紙)