統一戦線義勇軍
統一戦線義勇軍 議長 針谷大輔のブログ

<< 2011/09 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

藁にも縋りたい思いから、大震災の前日に取材を受けたドイツ人記者にメールを送りました。

Andreas Hippin殿へ

お久し振りです。
貴殿に取材を受けた翌日に今回の大震災に見舞われ、それからの私の生活は非常時対応で一変してしまいました。

震災被災地へのガソリン支援、そして現在に於いては、核武装や経済優先の観点から、右翼では原発推進派が占める中、我々は「麗しき山河と子供たちの命を守れ!」と、脱原発ののろしを上げました。
右では少数派の運動体ですが「右から考える脱原発ネットワーク」を立ち上げて、現在は精力的にデモを中心に運動をしています。
公式ブログURL  http://maruta.be/anntokyo1107
公式ツイッター   http://twitter.com/#!/anntokyo1107

さてこの脱原発運動ですが、非常に困った問題に直面しています。

命に安全な基準、危険な基準というものが曖昧な事から、現在子供たちが口にする食べ物まで危険なものが平然と口に運ばれようとしています。
日本での給食、特に私の住む横浜市がこの最たる悪政をしき、子供たちの給食の安全性すら確保されていません。
また高濃度廃棄物を横浜港に海洋投棄すらしようとしていて、その危険性の因果関係のデーターが無い事をいい事に、どこから持って来たか分からない「問題ない」という怪しいデーターが採用されています。

そこでこの問題をやって来られた貴殿にお願いがあります。

ドイツにおいて放射性物質や核廃棄物が及ぼす危険性を証明したデーター、どんなものでも良いのでもしお有りでしたらお教え願え無いでしょうか。

原子力関係の権威有る学者の論文でも何でも構いません。
子供たちの命と麗しき山河を守る為には、覆すデーターが今まさに必要となっています。

データーに依拠した「決して危険では無い」という行政側の常識を「危険かも知れない」と覆す事が出来るデーターがまさに現在必要とされています。

貴殿の御協力を頂けたら幸いに存じます。

突然のお願いですが何卒宜しくお願い致します。

貴国における、皆様の御自愛の程を心より祈り念じ上げております。

                平成23年(2011年)9月13日   針 谷 大 輔 拝


針谷大輔twitter

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票

針谷大輔を支援したいという方は、下記よりお願い致します。
三菱東京UFJ銀行 横浜中央支店
(普)5133161
口座名 針谷大輔
右から考える脱原発ネットワーク : comments (2) : -
最終更新
コメント
カテゴリー
まとめ
プロフィール
統一戦線義勇軍 機関紙
  • 緑旗
    (統一戦線義勇軍 中央委員会通信)
  • 義勇軍報
    (統一戦線義勇軍 中央機関紙)