統一戦線義勇軍
統一戦線義勇軍 議長 針谷大輔のブログ

<< 2009/06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

私は日本人として、断じて脳死を人の死と認める訳には行かない!

我々統一戦線義勇軍は「脳死=臓器移植反対!」をスローガンの一つに掲げて来た。
現行の臓器移植法成立時にも、その考えを強く主張し、反対行動を展開した。
幸いにも、脳死は人の死とはならずに、グレーゾーンとはいえ日本人の価値観が崩される事無く、現在に至っていた訳である。
だがしかし、ここに来て臓器移植法の改正が取り沙汰されている。
野党の民主が反対、自民も気乗りしている訳では無いから『まあ大丈夫だろ』とたかをくくっていた。がどうだろう。
衆議院に於ける、俗にいう「A案」の可決!急転直下としか言えない展開である。
A案を指示する議員など、自民党の中ですら殆ど居なかった筈。
※ちょっと思ったより早く、仕事になりそうなので、以下同志に送ったメールを載せて置きます。

臓器移植法改正A案。
誰が仕掛けたのか?
異常な衆議院可決への急展開。
本当に廃案になるのか?
自民の議員は、選挙を見据えて、賛成票を入れた→解散有るし、野党反対だし、絶対廃案になる→問題無し。と思っているようだが、日本弱体化政策の総仕上げとして、誰かが仕掛けた臭いがプンプンだ。
脳死を人の死にするのは、自然と共に在る日本人は絶対にダメだ!
子供を助けたい、家族を助けたい!と臓器を移植したい気持ちは痛い程分かる。でも、脳死=臓器移植は、絶対にマズい。日本人のアイデンティティーが崩壊しかねないし、金亡者の医療関係者なんて信用出来ない。
検査に来る→血液検査→適合かも→精密検査→どうせ延命治療しても死ぬんだと→故意に脳死へ導く。なんて犯罪が起きたら、日本人の倫理観は地に落ちるぞ!

※もし詳しく聞きたい方が居られましたら、明日新宿定例街宣で、この事を中心に話しますので、どうか聴きに来て下さい。
ブログランキングに参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票
- : comments (0) : -
最終更新
コメント
カテゴリー
まとめ
プロフィール
統一戦線義勇軍 機関紙
  • 緑旗
    (統一戦線義勇軍 中央委員会通信)
  • 義勇軍報
    (統一戦線義勇軍 中央機関紙)