統一戦線義勇軍
統一戦線義勇軍 議長 針谷大輔のブログ

<< 2023/12 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ロシアのウクライナ侵攻で、漁夫の利を得る中共

ロシアのプーチンは地政学的に追い込まれての最後の一手の武力侵攻なのに比べて、中共習金平には、硬軟様々優に100を超える方策があると考える。
強硬にロシアと足並みを揃える同盟重視路線から、ロシアと西側を天秤にかけての狡猾な外交、ロシアにも西側にもいい顔をしながら、自国の国益を最優先に振る舞うチャンスが向こうからやって来たかたちだろう。
どちらにしろ、今回のウクライナ危機により、中国が漁夫の利を得ることは間違いない。
我々は決して忘れてはいけない事実がある。
現在のウイグルにおける民族浄化の基本を作ったのは、米国であるということを!
あの9.11米国同時多発テロ後のテロとの戦争こそ、中共政権に、人権無視の民族浄化政策への道筋をつけてしまった元凶だと言うことを!
この時、米国は人権よりも作戦の遂行を重んじ、中国に対して空手形を与えてしまった。
米国やそれに倣った西側諸国の干渉も無い中、中共政権は人権に配慮することがなく、テロリストのレッテル貼りを武器として、民族差別を平然と行うことが出来、それが現在の民族浄化へと進んで行ったのである。
この時、まさしく中国は漁夫の利を得た。
米国のテロとの戦争に協力するという大義名分によって、中国は国内における少数民族の弾圧を西洋諸国の非難を浴びることなく、また人権に配慮することなく、進める事が出来たのである。
今回のウクライナ危機に於いても同じように、中国はロシア対西側という構図の中で、漁夫の利を得る事であろう。
台湾に対する侵攻というタイムスケジュールを遅らせてでも、外交的価値を勝ち取りに来るかも知れないし、または先に書いたように、ロシアというカードを使いながら、ロシアのウクライナ侵攻から半月ないし3ヶ月後に、ロシアの手口を真似て偽旗作戦を行い台湾との紛争を企てるかも知れない。
まさに硬軟どちらの戦術もやりたい放題出来得る状況にいると言えよう。
台湾侵攻への準備を、ロシアのウクライナ侵攻という隠れ蓑のもとで行い、もし金門島でもとれたらもっけものであろう。
意見、考え : comments (0) : -

ウクライナ危機は、他人事ではない可能性が高い

対効果を考えて勿論ブログを復活させたとはいえ、筆者の影響力ではリアルタイムでの効果は殆ど無いであろう。
そんな中でも喜んで読んで下さる諸氏がいると聞く、その方々の為にも針谷的勝手な分析論の結論的要素から書いてしまおうと思う。

以前から話している事から列挙する。
・中共は、中華の歴史から必然的に、台湾を武力によって征服しなければならない。
・中共の台湾侵攻準備は、北京冬季五輪後から本格的に始まる。
・ロシアは必要悪として中共との同盟に走る。
・中露艦隊の日本へのデモンストレーションは、ロシアのリップサービス。北京五輪へのプーチン訪問も同様。=北京五輪開催中のウクライナへの侵攻はない。
・当初のロシアの侵攻予定は、1月17日?
・北京五輪中のロシアのウクライナ侵攻の方があるようなら、同盟の度合いが弱く、まだ我が国でもつけこむ余地か残されている。
・ロシアのウクライナ侵攻にあわせて、中共が台湾島嶼部での偽旗作戦による紛争をおこす可能性は高い。準備の一貫であり、ロシアへのリップ返しの側面強く、本格侵攻にはならない。
・第二次世界大戦後の世界秩序は崩れ、今後の世界情勢は米国の衰退と共に新たなものに、トルコが鍵を握る可能性すらある?
等々、こんな勝手な独自の分析論を書いて行きたいと思っています(笑)
意見、考え : comments (0) : -

ウクライナ危機は、他人事ではない可能性が高い

いまこの時にも起こるかも知れないロシアによるウクライナ侵攻、我が国の報道や保守系をはじめとした識者は遠い東欧の出来事として、まるで他人事のように語っているが、果たして本当に他人事と呼べるのだろうか?
筆者もこれが3年前の出来事ならば、同じように捉えていたかも知れない。しかし現在に於いては、国防を考える愛国者の一人として、警鐘を鳴らさずには居られないのが事実となっている。
昨年10月の中露海軍による津軽海峡通過を始めとしたデモンストレーション、あれを見た時「とうとうプーチンもそこまで追い込まれたか、本格的な中露同盟が始まるかも知れない」と思わずには居られなかった。
中国習金平に比べて、選択肢が少ないロシアプーチンが追い込まれて中露同盟に走る可能性は前々から必然であった。内心プーチンは、中露同盟などは望んで居なかったと思われる。
元々Ḡ7がḠ8になって、西側諸国との協調を求めていたふしがあるプーチンである。中露同盟などは、彼の政治生命の中では愚の愚なのではないだろうか?
とはいえ走り始めてしまった列車は止められない。とことん追求するのが、稀代の政治家プーチンであろう。
となれば、国際政治の様相も大転換的に様変わりする事になろう。
プーチンをそこまで追い詰めた西側や米国は、大きな代償を払う事になると述べて置く。
※以前同様、仕事の合い間に書いて行こうと思っています。細切れになりますが、ご容赦下さい。
意見、考え : comments (0) : -

ブログ復活します。

アクセスの問題等もあり、随分と放置していたこのブログですが、少し書きたい気持ちも出て来たので、また軽く書いてみたいと思います。
同志同憂諸兄の皆様、宜しくお願い致します。
連絡的な事 : comments (0) : -

8.9米国による大量虐殺、広島長崎への核攻撃を忘れない横須賀反米デモのご案内

アクセスの問題から、ブログの更新も出来ないで来ましたが、連絡事項等は何とかUPして行きたいと思ういます。
下記、ご案内申し上げます。

「8.9米国による大量虐殺、広島長崎への核攻撃を忘れない横須賀反米街宣デモのご案内」
街宣:令和2年8月9日15時過ぎから
場所:京急横須賀中央駅前Yデッキ
デモ:16時30分、Yデッキ下広場出発
主催:8.9横須賀反米デモ実行委員会
統一戦線義勇軍中央委員会
集会・デモ : comments (0) : -
最終更新
コメント
カテゴリー
まとめ
プロフィール
統一戦線義勇軍 機関紙
  • 緑旗
    (統一戦線義勇軍 中央委員会通信)
  • 義勇軍報
    (統一戦線義勇軍 中央機関紙)