統一戦線義勇軍
統一戦線義勇軍 議長 針谷大輔のブログ

<< 【脱原発デモのご案内】3.19右から考える脱原発デモアフター55in銀座京橋を開催します。 : main : 【15日(日)新宿ネイキッドロフト】「祝☆入学式!君が代不起立問題緊急討論会」に出演します。 >>

昨日3月27日、福井県おおい町へ、質問及び要望書を関西管区が手交する。

麗しき山河と子供たちの未来を守れを掲げ、生存権と国防という観点から脱原発運動に取り組んでいる我々義勇軍だが、昨日3月27日、再稼働反対の立場から、福井県おおい町に対して質問及び要望の書の手交、そして街宣行動を関西管区が実施した。
以下にその質問及び要望の書の全文を載せて置く。(議会に対しても同様の物を渡した)
※また詳細は、関西管区宮本同志にブログを参照下さい。宮本同志ブログ


質問及び要望の書

我々は、日本を愛する民族派団体である。
我々の目的は、真姿日本の回復で有り、またその為に経済至上主義との戦いを運動上の課題として掲げている。
一年前の福島第一原発事故を受け、麗しき山河と子供たちの命を守るをスローガンとして「生存権を脅かす危険な原発は、絶対的な安全性が確保されない限り、一刻も早く無くさなければいけない!」という立場から、現在は脱原発運動を展開しており、危険な原発の再稼働等に関しては、断固たる立場で臨んでいる。
さて、貴おおい町に存在する関西電力大飯原発だが、現在は点検等により全ての原発が停止状態である。
先のおおい町議会での内容によると、貴殿始め町議会の議員の皆さんも「安全性の確保はされていない。不透明過ぎる」という状況から再稼働には慎重を期しているようであり、現在においては我々も一安心している。

ここでまず質問である。
一、如何なる状態になれば安全性が確保されていると、貴殿らはお考えであろうか?
二、具体的にはどのような条件が揃えば、安全といえると思っているのか?
※以上二点について、次回までに答えを準備頂けたら思います。

我々の論からいえば、地震列島である祖国日本においては、原子力発電所の維持は無理だという事をあげて置きたい。
少し前ならいざ知らず、ここ最近は、地殻変動、活動が活発化しているように思われる。この先は特に危険と言えるであろう。
津波がどうだ、電源の確保がどうだと言って検討しても、昨年の東日本大震災のような予期せぬ大災害においては、人間の考えなど儚いもの、もし明日、熊川断層と二つの海底断層が連動した東日本大震災のような未曽有の地震が発生したとしたら、一体どのような状況が生まれるだろうか?
大飯原発が、第二の福島第一原発事故になる可能性は絶対に無いと、言えるのか?
答えは否だ!
またもや想定外等という言葉が乱発され、関西、中部、北陸圏が汚染され、人を始めとした生物が長期間住む事が出来ない土地が新たに生まれてしまうのではないかと、我々は危惧する。
正直、今から廃炉にしても間に合わないかも知れない。それでも麗しき山河と子供たちの未来の為には一刻も早く廃炉作業に入らなければいけないのが、現在を生きる我々の使命なのだ。

そこで貴殿にお願いしたい。

現在の技術力では如何なる方策を講じても、絶対的に安全な原発などはつくれる訳はないという事は、どのようなまやかしを講じても明白である!
よって貴殿には、最後まで再稼働反対の立場をとられる事をここに要望する。

福島第一原発事故以前には、俗に言う「安全神話」が生きていて、国民から政治家までがそれを妄信する事は許された。
しかし、福島第一原発事故後には、現実的に、そして道義上においても、この安全神話を妄信することは許されなくなったのだ。
もし、おおい町が再稼働を容認して大飯原発で事故が発生したならば、貴殿ら始め、議会、町民においてまで、福島第一原発事故での双葉町や大熊町のような被害者側ではなく、加害者側に立ち賠償の責任を負う義務が生じると言えよう!
決して営利至上主義に走らず、麗しき山河と子供たちの命、未来を守る為に、最期の最期まで、再稼働反対の声をあげて頂く事を衷心より要望致します。

    平成二十四年三月二十七日
統一戦線義勇軍中央委員会
関西管区

おおい町町長 時岡 忍 殿 


針谷大輔twitter

ブログランキング(政治)に参加中!
【↓賛同される方はクリックを!】
人気blogランキング投票

針谷大輔を支援したいという方は、下記よりお願い致します。
三菱東京UFJ銀行 横浜中央支店
(普)5133161
口座名 針谷大輔
抗議活動 : - : -
最終更新
コメント
カテゴリー
まとめ
プロフィール
統一戦線義勇軍 機関紙
  • 緑旗
    (統一戦線義勇軍 中央委員会通信)
  • 義勇軍報
    (統一戦線義勇軍 中央機関紙)